fc2ブログ

浸水の恐怖



昨日は3539歩。

005 - コピー

今が旬の北海道産洋梨は少し黄色くなると食べ頃で、いつ黄色くなるかは結構個体差有り。

一番左側のは夕方冷蔵庫に入れて、夕食後のデザートに!

あとの2つは、昨日58円で2個買って来たばかりなので、もうしばらく待機です。

こうして居間のカウンターに置いておくと、早く食べたい夫が点検するので、うっかり放置しすぎて腐りかける心配がありません。

このブランデーワインという品種は、洋梨のなかでも小ぶりなので、半分ずつじゃ夫は物足りないかもしれません^^;)

が、本気でBMIを25以内にする気なら、デザートは別腹なんて言ってちゃダメだと思うわ(*´艸`*)

牛じゃないのだから腹はひとつ!

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

娘夫婦と嫁子ちゃん実家が神奈川で、それぞれ近くに大きめな川が流れています。

嫁子ちゃんのご両親は何と旅先でご自宅は無人ですが、高台なので浸水の心配は無いようです。

一方娘の住まいはレベル5の避難勧告・・・でしたが、1階ではないので結局避難しなかったそうです。

が、場所によっては

「あっという間に2階まで水が…」川崎濁流

ということもあるわけで、様子見しているうちに身動き不能になってしまいます。

台風は地震と違い、来ることは分かっているのですから、若くて健康な者は救助隊に面倒をかけるべきではありません。

が、当たり前ですが天気が悪いなか、大荷物を持って移動し、遠くから自宅を気遣うのもストレス(´・ω・`)

ついつい避難が遅れる気持ちも理解できます。

その土地に長く暮らしている人は、どの辺りの地盤は水気が多くて浸水しやすい とか どの辺りは地震の揺れが大きい とかある程度の予測がつきますが、娘夫婦のように転勤&結婚で初めて住み、土地鑑が無い場合は、「大丈夫だろう」という思い込みは禁物です。

台風は通り過ぎ、交通機関が復旧すれば日常に戻れる人が大半ですが、浸水してしまった方はこれからしばらく大変な暮らしが続きます。

度重なる大規模災害の影響で保険料が上がったばかり・・・ですが、これはまた値上げでしょうか?

保険会社は決して損しないようになっていて、支払いが増えれば値上げなのですからイイ商売です。

小学生の頃、地盤が悪い地域に住んでいたので、2度ほど膝下まで冠水しました。

付近一帯が海(泥水ですが)のようになり、盥などがそこここに浮き、バカなので近所の子ども一同ちょっとウキウキ^^;)

床が高めだったこともあり、2度ともギリギリ床下浸水でしたが、水位はジワジワと上がり、いつ玄関の式台を越えるか?

大人たちは戦々恐々。

が、今回のように「あっという間に2階まで」もあることが恐怖。

雨の量だけでなく、半世紀前とは違って水の逃げ道も減っているのでしょう。

これは本当に素晴らしい!!

「水害にあったら、どうすればいい?」

(あくまでも想像だけど)絶望感いっぱいの時、細かい文字がびっしりな書類なんか読みたくないし、読んでも頭に入らない人もたくさんいるはずです。

内容だけでなく、とりあえず涙を拭きながら後始末に着手しよう・・・と思えるようなイラストと文章だと思います。

消毒には塩素系漂白剤や逆性石鹸が役立つそうで、幸いどちらも高い商品ではありません。

せめて二次災害の感染症だけは避けて欲しいです。

本日の夕食は豚生姜焼き(ブロッコリー)、冷奴、茄子田舎煮、モヤシとネギとザーサイのスープ、北海道産キムチ

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム