fc2ブログ

がっかり&子どもの世話にはならぬ



昨日は雨で外に出ず664歩。

今日も朝から雨・・・なのは嫌ですが、加湿器無しで湿度は50%あるのは助かります。

この時期としては気温が高めだった5月下旬~は、加湿器を「強」にしても湿度が上がらず困りました。

(最強にすると音がうるさい)

ジップロックを注文する時、友人が旅先で愛用しているコレも購入。

081_20190603093333d30.jpg

元々常用する気は無かったけれど、6回分で1770円(13%分はポイント還元されるけど)もするので、これをしょっちゅう服用すると結構な出費です

本日は夫の外出に合わせ、早起きする必要があったので夕べ服用してみました。

緑内障を患っているので、眼科医に確認し、影響が無いと言われた時は嬉しかったのですが・・・

全然効かないっ!

3時半を過ぎる頃には、1770円、1770円、1770円・・・・と騙された気分。

はぁ・・・お陰様で今日も朝からだるいです

抗ヒスタミン剤で眠気を催すタイプの人しか効かないのでしょう。

朝~午後8時くらいまではいつもだるく、うっかり横になると寝ちゃうのに上手くいかないものです。

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

できれば最期まで、介護サービスを利用しつつも自立して生活し、あとはポックリ、ポックリが無理でも長患いで自分も子ども世帯もヨレヨレは避けたい~と思う人は多いはずですが、昭和一ケタ生まれだと、息子の嫁が介護すべきと思う人もいます。

実家の母の友人はこういうタイプで、まだまだ元気な早い段階で決断し、(高級)老人ホームに入居した別の友人に、「息子たちが物笑いになっている」「後ろ指をさされている」「私は入りたくても息子たちが許さないから無理」と言いたい放題。

将来を見据え、まだまだ元気なうちに楽しむことも含めて決断した入居だったのに、悪し様に言われて傷付いたそうです。

ところが、あれほど否定した本人は、その後に認知症の初期症状が現れるやいなや、息子主導でパッパと自宅は売却され、あっと言う間に老人ホーム入居となりました。

後ろ指をさされたかどうかは知りませんが、立派な息子が2人もいるのに老人ホームとは情無い!と思う人もいたかもしれません。

実母が入居していた老人ホームにも、老人と言うにはあまりに若い方も多数いて、そこから仕事に行く人もいれば、スポーツなどの趣味を楽しむ人もいました。

友人の義両親も、70歳前に関西の家を売却し、一人息子である友人の夫が暮らす地の老人ホームに入居しました。

まだまだ若くて元気なので、あちこち旅行をしたり、習い事をしたり楽しんでいました。

息子夫婦に同居を持ちかけることもなく、パッパと老人ホームに入居したのは天晴れですが、欠点は、そのことを嫁である友人に恩着せがましく何度も言うこと^^;)

友人はムカついていましたが、超がつくお金持ちですから、老人ホームじゃなくて二世帯住宅を建てたかもしれない~と思えば随分マシなはずです。

ただ、「どうだ!助かっただろ!!」と胸を張っていられるのは、比較的元気なうちだけ。

90歳も近くなると、お呼び出しや付き添いの多いこと!!

自分の親と義親の手術日が重なり、てんやわんやもあったそうです。

両親が自宅から通いやすい老人ホームとサ高住に入居した友人も、実家通いで介護していた時よりは格段に楽になったけれど、あっちに行ったり、こっちに行ったり、週に2~3度は出向いています。

身元引受人ではない私でさえ、実母が暮らしていた老人ホームから、何度も電話が来て、こういう場合楽しい話題ってことは無いです(´・ω・`)

自宅で介護していることを思えばちっぽけなことでしょうが、たとえ専門家が揃った施設に入居しても、家族や親族の世話にならないのは難しいような気がします。

家族がいても地球の裏側に住んでいたり、親族と疎遠になっている人はどうしているのでしょうか?

義弟の場合、お気楽な人なので、両親がいなくなれば兄が、兄がいなくなれば甥や姪が何とかしてくれるだろうと思っている~というか、何にも考えていないようで不安です(´・ω・`)

本日、夫は休みですが所用で外出。

夕食不要なので、私は栄養素重視で味は二の次な食事を考えます。

とりあえず卯の花は作ろう!

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム