fc2ブログ

きょうだいリスク



昨日は5153歩。

夕方になっても2000歩ちょっとだったので、陽が傾いてから「15分歩こう!」と頑張りました。


079.jpg

朝一番に届いた冷凍庫収納改善用ジップロック3箱。

使用枚数が多そうなMサイズのみ45枚入りです。

使用後は、食器と一緒に洗って拭いて、気休めにアルコールスプレーをシュッと吹き付けてから干して再利用^^;)

刺身などの解凍後そのまま食べる食品は、ラップに包んでから入れるので、個人的には再利用に抵抗は無く、むしろ使い捨てに大きな抵抗があります。

いよいよ捨てるのは、穴が開いたり臭いがついた時なので、↑これだけあればかなりもちます。

今までの使い残りは思い切って捨て・・・はせず、冷凍庫以外で使ったり、お裾分け時に使います。

ジップロックが格別優れているかどうかは不明ですが、大きさを揃えることを重視すると、いつでもどこでも入手できる銘柄は安心感があります。

ノーブランド品の中には、ジッパーの開閉に高度のコツを要する物もあり、何せ繰り返し使うので、繰り返しストレス

1000円ほどの初期投資で冷凍庫がすっきりすれば安いものですが・・・・吉凶は私次第。

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

川崎の事件の岩崎容疑者が、両親の離婚により伯父宅に引き取られたのは、その当時祖母も存命で、それなりに経済的余裕もあったからでしょう。

親権者となった実の両親のどちらかが、離婚後に生活が落ち着くまで預かる約束がズルズル伸びたのか、養育を拒否した挙句に祖母に押し付けたのかはわかりません。

伯父夫婦を養父・養母と表記しているマスコミもありますが、養子縁組をしていなければあくまでも伯父と伯母で、生活費も出さず家事もしないとなると厄介な居候です。

いずれにせよ年が近い実子が2人いるのに、きょうだいの子どもを長期間預かるのは大変。

それでも当初は、独立できるまでせいぜい10年と思ったかもしれせん。

伯父夫婦が介護サービスを受ける際、あれほど「刺激したくない」と危惧したのは、不穏な行動があったからでしょう。

刺激を避ける必要がある従弟が30年間こもっている実家は、実子の2人にとっても寛げる実家でなかったような気がします。

直接の原因は、直前の口論だったかもしれませんが、元農林水産省事務次官が息子を殺害するきっかけは川崎の事件の影響もある・・・とは多くの人が感じています。

一説によると他にもすでに独立した子どもがいるようなので、自分たちが死んだ後のことも憂慮したのかもしれません。

全くレベルは違うかもしれませんが、夫の弟も独身でパラサイトシングル。

今は田舎で知り合い相手&趣味的に細々自営仕事をしているようですが、到底食べていけるレベルではなく、貯金も無ければ危機感も無し。

引きこもりにならないのは、遊び好きということもありますが、親に買ってもらった車を乗り回し、潤沢な小遣いがあるからじゃないかと思うこともあります。

兄じゃなくて弟ですから、平均寿命順からいくと夫⇒私⇒夫の弟の順であの世行き。

夫がリスクを引き受けているうちはともかく、その後、一番近い血縁は息子や娘。

最後は、遠方まで何度もでかけて色々な後始末をするのか・・・と、我が家以上に広くて物が溢れている義実家を見て暗澹たる気持ちになりました。

もしも夫が先に亡くなったら、その頃には口うるさい姻族も絶えているはず・・・なので、姻族関係終了届を出さなくてもフェードアウトしそうですが、血縁者はそうはいきません。

親しく付き合っていないおじ・おばの葬儀なら参列して香典、場合によっては香典&花輪で済むはずが、主体となって後始末をするとなると忌引き休暇だってせいぜい1日ですから大変です。

実家の母は息子(私の弟)の嫁が気に入らず、何かにつけて不満を漏らします。

が、それなりに楽しく暮らし、子どももすでに大学生。

私の子どもにとっては、生涯独身の叔父が2人いるよりずっといいです^^;)

私の身の回りに限れば、終活に熱心なのは女性に多く、男性は消極的な印象があります。

きっちり終活していても、いざ亡くなれば遺族は色々な作業に追われます。

終活していなければ、まして遺族が同居もしていなければ、どういう作業が必要なのかを模索するだけで膨大なエネルギーが必要で、費用もかかる二重苦。

この夏にはまた誕生日を迎えるので、まずは私のエンディングノートを整備せねば!!


本日の夕食は、再びウーウエンさんの キャベツと豚肉の酒蒸し、温泉卵、小松菜わさび和え、味噌汁、ちりめん山椒

キャベツと豚肉というとホイコーロー、豚肉と蒸すのは白菜~なイメージでしたが、このレシピは早い、簡単、旨い!

(白菜でも美味しくできると思います)

2つもタレを作る(作るというほど大袈裟じゃないけど)のは面倒なのでAのみです^^;)

このレシピの良い所は、ご飯の量によって味を調節できるところで、タレを少なめにかければ私もたくさん食べられます。

私が制限するように言われているのは(今のところ)炭水化物だけなので豚バラもOKですが、カロリーが気になる場合は湯引きした方がいいかもしれません。

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告
最新コメント
リンク
ようこそ!
RSSリンクの表示
最新トラックバック