fc2ブログ

前略 おふくろ様&価値観多様化



昨日は4674歩。

夫のグジグジに負けて、夕食はちょっと離れたラーメン屋に行ったので歩数は伸びたけど、昼はハンバーガー、夜はラーメンじゃ・・・

ラーメンの味が良かったけれど、油が多く、麺を半分にしたのに、物足りないどころかやっと完食。

で、帰宅したら萩原健一さんの訃報。

夜中、youtubeで「前略 おふくろ様」を見ていたら止められなくなり、今日は眠い。

私が19歳だった頃のドラマですから、芸達者なあの人もこの人も鬼籍に入っていて一層悲しい気持ちになりました。

19歳だった頃は、煮え切らない三郎にヤキモキしましたが、今見ると・・・かすみちゃんの「可愛さ」に裏打ちされた強引さと女のズルさに苦笑い。

報道各社の訃報を見ていたら、萩原さんは毎日30キロのウォーキングをしていたと書いてありました。

時速4キロで7時間半、5キロなら6時間ですから、距離だけでなくかかる時間に驚嘆

ここまでくると歩くことが快感になるのかもしれません。

まだまだこれから、老境に入ったからこその役もあったはずと思えば残念です。

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

インターネットや携帯電話が普及後はジリジリと年賀はがきの販売数が落ち込み、今では早く買わないと官製はがきが売り切れるなんてことはありません。

追い討ちをかけるように、平成の終わりをきっかけに「年賀状じまい」をする人もかなりいるようです。

出す出さないは本人の自由ですが、「止めます宣言」された方は、「いいね」 もあれば「あ、そう」もあり、中には年に一度の手間を惜しむなんて「ケチくさい根性」だと思う人もいます。

お中元やお歳暮の件数もジリ貧で百貨店衰退の一因となり、さらに贈る相手の上位が身内なのも大きな変化です。

独身時代、実家の母が贈答品を買いに行く時は、デパートが楽しみでついて行きました。

合計で7~8件も贈っていましたが、贈答先に身内はありませんでした。

仲人とかかかりつけ医とか私や弟の習い事の先生とか・・・ですね。

頂く贈答品は、タオルやシーツ、油や石けんの詰め合わせ、酒などが多く、押入れの肥やし化した品も少なくありません。

お世話になっているどころか、日々「コノヤロー」と思っている上司に贈っていた人も多かったはず・・・ですが、今はあまり聞かず、夫の上司にお歳暮を贈ったこともないし、息子や娘も無いと思います。

でも、多分それは全部じゃないはずで、慣習としてやり取りしている職場もあるでしょう。

ありゃ?と思ったのは、同年代の方が息子のお嫁さんの実家から贈答品が届かぬことを不快に思っていると書いていたことです。

年金生活世代ともなれば、息子や娘の配偶者の親と贈答品のやり取りが負担になる人も(お金だけじゃなくて手配もね)いるでしょう?

我が家の場合、娘が5月に結婚し、やれやれと呆けていた6月初旬に婿君ご実家からお中元が届き大慌て

婿君は3人きょうだいの末っ子ですから、上二人の配偶者の実家に我が家が加わった感じでしょうか。

それ以来、お互いに「食べれば跡形も無くなる物」をやり取りしています。

ここで大いに慌てたので、翌年3月に結婚した息子の方はどうしたものか・・・と熟慮。

市場調査メディアによると、2017年のお歳暮の贈り先は↓

市場

調査対象は20代~60代だそうで、自分の子どもが結婚~は、20代ではまず無いし、30代でもかなり数は少なく、それ以上の年齢でも子どもがいなかったり未婚だと「子どもの配偶者の親」はいないので、2000人ばかりの調査対象では動向は掴めません。

あちこちに登録しているアンケートサイトでも贈答品関連の案件は多いけれど、贈答先の選択肢に「子どもの配偶者の親」があることは滅多にありません。

勝手に頬被りしてしまえば、非常識だと不快感を持つ人もいるし、いきなり贈られてありがた迷惑だと感じる人もいて厄介です。

嫁子ちゃん実家は、教育とか旅行、食べ歩きなどには惜しげもなくお金を使いますが、その他のことにはとても合理的に割り切るタイプのようにも感じました。

で、すでに結婚している嫁子ちゃんのお姉さんの配偶者のご両親とはどうしているか?

聞いてみたら何もしていないので、これからも止めましょうとなりました。

なので、既婚の子どもが二人いて、片方とだけやり取りする変速パターンです。

我が家は北海道、嫁子ちゃん実家は全国転勤の末に首都圏永住、婿君実家はご両親とも関西生まれの関西育ちと三者三様。

価値観が多様化しているので土地柄だけでは判断できなくなり、自由ではあるけれど悪意も無いままに不快感を与えることもあるようです(´・ω・`)

○△内祝いなども同様で、やりすぎて嫌味になったり、不合理だからと一方的に取り止めて陰口のタネになったりもあります。

アタナの常識はワタシの非常識~はよくあることで難しいですね。


本日の夕食は昨日のメニューをスライド

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム