fc2ブログ

合意なき離脱



昨日は、わざわざ手前でバスを降り、銭湯まで歩いたので8773歩。

相変わらず到着すると息が上がり、汗びっしょり・・・で、持参したお茶を飲み、ひと休みしてからの入浴です。

入浴⇒食事後、大型SCをうろついたので、歩数が伸びましたが、買い物がてらのノロノロ歩きなので運動にはなりません。

座り込んでいるよりはマシという程度。

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

日本の民主主義は成熟していない~と時々目にしますが、ついこの間まで天子様や将軍様が絶対だったのですから、仕方が無い面もあります。

成熟には時間がかかりますからね~

が、トランプVS反トランプとかEU離脱VS残留などで、暴力沙汰が起きているのを見ると、所詮同じ人間で、「思い通りにしたい」という本質は変わらないようです^^;)

今年のではなく、今月の流行語大賞があるとすれば「合意なき離脱」かもしれません。

大卒後、ずっとロンドンでバリバリ働いている元同級生が帰省し、たまたま会う機会があったのは国民投票直後でした。

日本では連日、上へ下への大騒動でしたが、彼女のビジネスの顧客である富裕層や事業主は落ち着いたもので、離脱派が多数でも、実際にはどうなるかわからない、決定でもないのに、大騒ぎするほどのことじゃないというスタンスだったそうです。

日本での報道とは違い、非常に暢気な感じに驚きました。

が、その後の進展はこの通り。

広い視野、深い知識を持った国民は、どこの国でも一定数しかいないし、そういう人々が必ずしも目立つ発言や活動をするとは限りません。

移民憎しと思えば北アイルランド問題には目をつぶり、EUから輸入した食品を売り、移民もまた顧客である商店主はEU内の経済格差には寛容です。

若者に残留派が多いのは、現在または将来、EU内を自国同様に動けるメリットが魅力的だからでしょう。

アイルランドと北アイルランドの居住者はどう感じているのでしょうか。

宗教もからみますから、話は複雑で、ここでも意見が割れて分断が起きるかもしれません。

で、私は、日本への悪影響が少しでも軽減することを祈るのみ(。-人-。)

半径3メートル以内での損得しか分からず、向学心も無いので、国民投票なんかあっても信念を持って1票を投じる自信無いなぁ・・・

本日の夕食はサーロインステーキ(いんげん)、コールスロー、湯豆腐、味噌汁、佃煮

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム