FC2ブログ

すっごく若い&火中の栗



マンションは使うエレベーターが違うと滅多に会わない住人もいます。

お隣の奥さんがそうで、買い物やごみ出しの時間帯が違うのでしょう。

たま~に会うと「久しぶり~元気だった?」で短い立ち話をします。

遠方に住むご子息は息子より2つ年上で、付き合っている彼女と遠距離恋愛中。

「彼女は仕事を始めたばかりで、すっごく若いから結婚はまだまだ(笑)」だそうです。

すっごく若いって、まさかの未成年?と思ったら25歳だそうで、なるほど大学院(修士)を卒業したら24歳、働き始めたら25歳。

結婚より仕事!ですわね。

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

お家騒動の結果、勝利した久美子社長が外部資金を受け入れざるを得なくなった報道の後、父親の勝久氏のインタビュー記事。

このままでは身売り・・・の事態を嘆いていましたが、そもそものお家騒動の原因は勝久氏体制での業績不振です。

「相談してくれれば」「寝ずに働いて築いた会社なのに」と言ったところで詮無いこと。

お家騒動が深刻なのは、株主、顧客、従業員、取引先くらい。

マスコミは、騒動時には久美子社長を持ち上げる論調が多かった気がします。

会員制をやめたことでマスコミは富裕層に見放されたと言い、勝久氏も大塚家具で買ったことを自慢できなくなったと言いますが、 業績低迷はそれ以前からです。

高額、高品質な一生モノ家具を1度売れば頻繁な買い替え需要は望めないし、現品を展示するには広大な店舗面積が必要なのが家具店の泣き所?

(地方にもよるでしょうが)昭和時代の婚礼と言えば洋箪笥セット。

アパート暮らしだろうが社宅暮らしだろうが、ほとんどの家庭にど~んと据えられていました。

今は家を新築するなら箪笥置き場を設けるよりは、無駄な隙間が無い作りつけのクローゼットです。

1969年の創業ですから、来年で半世紀。

50周年を現体制で祝うことができるのでしょうか・・・

2019年度の新卒採用エントリーは終了し、「たくさんのご応募ありがとうございました。」と書いていますが、「たくさん」は疑わしい

お家騒動の顛末も過去数年の決算も知らずにエントリーなら能天気過ぎな人材だし、残るは火中の栗を拾う覚悟の人材?

古くなった大物家具を買い換えたい~なんてことより、死んだ後の遺品整理の料金に興味津々なのが高齢者あるある^^;)

父と娘でそれぞれ違った強みがあるのに惜しいことです。

大塚家具が斃れても顧客がIKEAやニトリに流れることはないでしょう。

となるとカリモクあたりが潤うかもしれません。


本日の夕食はぎょうざ(レトルト)、里芋煮物、ピーマンと竹輪きんぴら、味噌汁、漬け物、佃煮

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキング

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告
シニアにお勧め!
最新コメント
リンク
ようこそ!
RSSリンクの表示
最新トラックバック