FC2ブログ

お盆に多い事故&入院保証人



孫の帰省前に、家の危険箇所 点検して 乳児の転倒事故、誤飲など対策を

私はまだ孫はいませんが、帰省中の事故のニュース記事には心が痛みます。

子ども(孫)を亡くすだけでも辛いのに、その後の人間関係が・・・ね。

室内だけでなく、敷地内で親族の車に轢かれたり、用水路に落ちたりもあります。

どんなに安全対策をしたところで完璧は有り得ず、結局は「子どもから目を離さない」以外無いのだけれど、大人の数が多いとかえって油断しがちです。

これから帰省するパパやママは、たまに会うじいさん・ばあさんの危機管理なんてアテにせずに気をつけて欲しいです。

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

入院で保証人がいない場合の対処法!家族はダメか?条件と必要な理由

先々月、実家の母が白内障の手術(片目のみ)をする際、同意書を書いて欲しいと頼まれました。

↑の記事によると、保証人を要求する病院は9割だそうで、残り1割に自分が必要な診療科目があるとは限りません。

ということは、もうほぼ100%です。

保証人が必要な理由は

入院費用の回収目的の他に、 患者の意識がない場合の医療行為の判断、 患者が死亡した場合の引き取り先が確保できること(↑の記事本文より)

なので、老人ホームなどに入居する場合の保証人と同じ性質です。

でも、保証人もいないし、保証会社に頼むゆとりが無い人もたくさんいるはずで、そういう場合はどう対処しているのでしょうか?

天涯孤独でなくても親族と折り合いが悪い人もいます。

義絶までしていなくても、ほとんど付き合いが無い親族に困った時だけ頼られ、万が一の場合には引き取り~となると腰が引けます。

お金持ちなら弁護士(信頼できるかどうかは別として)と契約することができますし、生活保護なら医療費はかかりませんし、死後は自治体が保証してくれます。

それ以外の人が一番多いのですから、もう少しスカッとしたシステムができないかしら・・・

昨年訪ねた友人は、この夏、同居する認知症のお母さんと二人で出身地に旅に出る予定と聞いています。

友人も亡くなったお兄さんも独身なので、親しい従兄の子どもに先のことを託すための確認が目的。

従兄はもちろんその子ども(と言っても大人)は相続人ではないので、話が決まれば莫大な資産を遺贈する遺言書を準備することになるでしょう。

母の入院などは、たとえ保証人にならなくても、いざという時にすることは同じなので気楽にサインできます。

が、保証人という言葉には重いイメージがあります。

ごく普通の借金だけでなく、滞納が社会問題化している奨学金や教育ローンの保証人だって相応の覚悟が必要ですよねぇ。

病院も老人ホームも慈善事業ではないので、利益を出さないと働く人の給料が出ません。

念には念を~で保証人を要求するのは当然ですが、差し当たって適任者が思い浮かばない人には悩ましいことです。

本日の夕食は〆さば(刺身わかめ)、揚げ茄子の肉味噌かけ、焼き椎茸、味噌汁、佃煮

目玉品だった北海道産豚挽き肉をマーボー茄子、肉団子(まとめて作って一部は冷凍備蓄)、肉味噌で消費完了!

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

人気ブログランキング

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告
シニアにお勧め!
最新コメント
リンク
ようこそ!
RSSリンクの表示
最新トラックバック