fc2ブログ

今どきの嫁姑関係?



今日は晴れたけど、昨日は結構ひどい雨。

長々降り続いた後、もういいかしら・・・で窓拭きをした翌日だったのでがっかり。

北側の窓は上階から水が伝って来るので、ひと雨でかなり汚れます。

西日本の非常事態を思えば、窓拭きくらいで愚痴は言えないけどがっかりはがっかり。

このすぐに汚れる側の窓には転落防止の柵もあり、とても掃除がしにくいのにな・・・


古い話題ながら、絢子様の婚約者は「これぞ、皇族の婚約者!!」という感じで小室さんの胡散臭さを際立たせる結果となりました。

眞子様も少しは熱が冷めたか、益々燃え上がったか・・・

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

時々読んでいるブログに書いてあった嫁姑問題は、ブログ主であるちーずさん同様に驚きました。

勝手にリンクしてご迷惑をかけても困るので、内容をかいつまんで説明すると

息子夫婦は別に暮らし、2人目の子どもが生まれたばかり。

産後の手伝いに来ていたお嫁さんの母親が自宅に戻る前に挨拶の電話がきて、お嫁さん(娘)の愚痴を代弁。

姑であるちーずさんが、あまり連絡を寄越さず、あれこれ頼みづらい、連絡は夫(ブログ主さんのご子息)経由でなければしにくいので気を遣う・・・ってことらしい。

いちいち姑がしゃしゃり出るのは嫌だろうと考え、手出し口出しを控えていたちーずさんは大いに驚き、本人からではなくそのお母さんから言われたことで複雑な心境。

私なども放っておくのが最大の嫁孝行という考えです。

ちーずさんと違って私自身が面倒臭いという側面もありますが、孫がいて「会いたい、声を聞きたい」という気持ちを我慢していれば心外な言われ様です。

昔と違い、共稼ぎが当たり前になると、姑も子育て要員として頻繁に出入りするのが望まれているのでしょうか?

まぁ私の場合、息子の家まで片道3時間かかりますから、どのみち急な要請には応えられませんが・・・

なるほど!今はそういう時代なのね!!という決め付けも危険で、手伝って欲しいと思うお嫁さんは増えたけれど全員ではないはず・・・

昭和の姑は、嫁は自分に従って当然というタイプが多かったので、もっとマメに義母から連絡して欲しい~なんて言う友だちはいませんでした。

母親経由で姑に文句(愚痴)は悪手です。

自分以外の人が何に不満を持つかなんて自分の尺度でしか測れず、好意が悪意にすり替わることもあります。

頼まれたってできないことはできない~けれど、メール(ガラケーなのでLINEは無理)もあるので、用があれば母親を経由せずに伝えて欲しいです^^;)


本日の夕食はピザ(伊藤ハムのレトルト)、サラダ(リーフレタス、新玉ねぎ、スモークサーモン)、スープ(トマト、ベーコン、卵)、コーヒーゼリー(頂き物)

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告
最新コメント
リンク
ようこそ!
RSSリンクの表示
最新トラックバック