旅の夢&ボーダー



う~今日も寒い。

外国の商店街で迷子になった夢を見てうなされました。

夫とできるだけ離れて歩こうとしているうちに迷子になり、どこに泊まるかも聞いてなかったのでパニック。

豪華客船の旅レポを読み、

どっさり本を持ち込んで、観光は面倒くさいので船から出ない旅をしたい(一人で)などと思っていたせいかもしれません。

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

息子は3歳になっても言葉が出ませんでした。

当時はネット環境も無く、保健婦や医師以外は書籍頼み。

可能性としては、聴力に問題、知的障害、自閉症、単なる遅れ、があげられていました。

が、満3歳ともなれば単なる遅れであることが多いのではなく、場合もあるというような表現です。

育児書から得る自閉症の知識は少なく、言葉の遅れ、目を合わせない、こだわりが強いくらいでした。

あれから30年近くの間にこの分野は激動し、今では細分化され、詳し過ぎて何が何だかわかりません。

判断基準に一抹のあいまいさもあり、ボーダーライン上にあれば、いつ誰が診察するかによって診断名がついたりつかなかったりもあります。

原因も遺伝的要素が否定されていないこと以外は不明で、療育で生き難さを軽減するのが治療に当たります。

が、医療は日進月歩ですから、10年後に現在の療育システムが否定される可能性もゼロではありません。

新幹線の死傷事件では、「自閉症?」を見出しに入れたweb版新聞が抗議を受けて訂正、謝罪しています。

直接の関連が分からないのに見出しにするのも困りものでですが、裁判になると過去の事件でも減刑材料になっています。

容疑者は22歳でまだ若く、10年の刑を受けてもまだ32歳です。

前科がついたことで犯行前よりも生き難さは増し、今は家族ではないと言い、息子の名前をフルネーム・君付けで呼ぶ父親が受け入れるとも思えず、養母となった祖母だって存命かどうかわかりません。

あとは叔父さん?

いくら要求されたとしても、祖母ちゃん、(警察は仕方無いけど)マスコミに孫の部屋の押し入れの中まで公開するなよ(´・ω・`)と思うのだけれど、あれはあれで孫(養子)を思う気持ちの発露なのでしょうか。

さらなる模倣犯が出現しないことを祈るのみです。


本日の夕食はたらこパスタ、ミネストローネ、春キャベツと胡瓜のサラダ、コーヒー

マーボー豆腐にしたかったけれど、葱が無く、雨なので八百屋さんに行きたくありません。

苦肉の策のメニューです。

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告
シニアにお勧め!
最新コメント
リンク
ようこそ!
RSSリンクの表示
最新トラックバック