FC2ブログ

食べ物あれこれ



003_20180526142641c39.jpg

安さにつられて買ったはいいけど持て余した北海道産豚バラ肉。

3日間30分ずつ下茹でをする延命策でようやく昨夜の食卓に!

脂が抜けて目減りするとはいえ元は1キロちょっとの肉です。

メイン、サイド、私一人の昼食、3回は食べます。

このあとその日に食べる分だけのゆで卵も加わりますから、(夫はともかく)そうそう1度に山盛り食べられるようなものじゃありません。

3回食べれば、「ああ安かった!!」という実感も湧こうというものです^^;)


期間限定Tポイントの使い道に困り、迷った末に注文したLOHACO米(ゆめぴりか)を食べています。

あえて比較するなら、ふるさと納税でいただいた北竜町のゆめぴりかの方が香りが良いような気がしますが、同じ条件で比べたわけじゃないので怪しい感想です。

さらに、ふるさと納税の返礼品として30キロいただくと、(二人暮らしですから)最初と最後では風味が変わります。

とことん拘るなら、玄米を購入してその都度精米が正解なのでしょうが、そんな面倒は真っ平ご免。

ならば、ある程度以上の食味なら「おいしい」のひとくくりでOK

これで、Tポイントの使い道に頭を悩ます時間が節約できます。

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

30年ほど前、総菜屋さんで働いていた人に

フライの具材は小麦粉を水に溶いたドロドロの液をくぐらせてからパン粉をつけ~を繰り返して決められた大きさにすると聞きました。

なるほど!それで小指ほどの海老が大海老フライに化けるのね~^^;)

家庭で作るフライは大きさが不揃いでも、小ぶりでも一向に構いませんが、老夫婦二人暮らしとなると卵の無駄が気になります。

使い残りの卵液を保存するのは嫌なので、あらかじめ溶き卵を半分に分けて冷凍していたのですが、もっと便利な方法は無いものか?

と思ったら、最近はバッター液が流行(?)しているようです。

何せテレビを見ないので、世間の流行から取り残されることが多く、話題になったのは古い話かもしれません(´・ω・`)

小麦粉→卵液→パン粉というフライの手順が、バッター液→パン粉になるのは魅力的。

バッター液のレシピは色々ありますが、基本は小麦粉、卵、水を混ぜたものです。

ならば・・・さらに手抜きで、天ぷら粉を水で溶き(天ぷらよりは固め)、それに卵を入れて混ぜてバッター液を作り、半分に分けて小さなタッパーで冷凍してみました。

先日のサクラマスとじゃが芋のフライは、このバッター液を解凍して使いましたが、問題無くサクサク揚がりました\(^o^)/

2人分だと半分でもバッター液は少し余りますが、これはもう潔く捨てます。

料理好きには何と言うこともないフライの工程が、面倒で面倒で・・・フライにするつもりだったのにムニエルに変更したこと数知れず。

具材に塩コショウ→解凍しておいたバッター液→パン粉 はとっても楽でした。

一人暮らしなら、平べったく冷凍しておき、必要な分だけパキッと折って解凍~もありかもしれません。

卵の使い残りなんて全く気にせずに生ゴミ処理する人が多いし、余りが出ぬように数食分まとめて仕込んだ上で冷凍するしっかり者も多い・・・

バッター液の冷凍は、ケチだけど計画性が無い私にはぴったりですが、万人向けではないかもしれません^^;)


本日の夕食はアスパラとタコのにんにく醤油バター炒め、豚角煮、もやし辛子醤油、味噌汁、漬け物

本日の豚角煮は副菜なので、ゆで卵は半分ずつ、肉も2~3切れずつ。

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告
シニアにお勧め!
最新コメント
リンク
ようこそ!
RSSリンクの表示
最新トラックバック