FC2ブログ

引越しの手伝いで大揉め



無銭飲食の夢を見ました

旅先のうどん屋さんで、野菜のかき揚げをトッピングし、ズルズル食べ終えてお会計をしようと思ったら・・・6800円だと言う。

そんなはずは無いでしょうと押し問答しているうちに、店の人が他の客と話し始めたので逃げた

逃げ切れるところが夢で、リアルなら店を出る前に捕まるでしょう。

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

お嫁ちゃんの引越しが済み、ようやく別居婚から同居婚になった息子。

引っ越しに際しては3度、「手伝いが必要なら言って」と伝えています。

1度目は結婚式の日程が決まった時、2度目は息子が独身寮から社宅に移る時、3度目はお嫁ちゃんが引っ越して来る時。

息子の学生時代、アパートに行ったのは引越し時、入学式、卒業式×2(大学、大学院)の4回のみで、最初の引越し以外は「来なくていい。」と言われたけれど最後の学生生活なので一応参列。

ベッドやクローゼットがついている独身寮から社宅への引越しは、大きな家具も無いので友だちに手伝ってもらって済ませたそうです。

が、その後、お嫁ちゃんの引越しに夫は首を突っ込みたくて仕方が無い

それなのに突っ込み損ね、それが私のせいだと言わんばかりにグチグチ文句を言うのでまた口論

基本的に引越しの手伝いなんか面倒臭い私と立ち入られたくない息子で何の問題も無いんです。

引越しなんて、大きな荷物は業者が運び入れますし、開梱して物を収めるのはそこに住む人が実行するのは一番効率が良い。

すぐに開けたくない荷物を闇雲に開梱したり、テキトーに物を突っ込まれても後が大変

舅姑も「来なくていい。」と言ったのに手伝い(?)に来たことがありますが、真ん中に座り込んで邪魔なだけでした。

しかも、やれお茶だ、食事に行きましょうと時間のロスばかり・・・

幼い子どもがいれば連れ出して遊ばせるとか、立ったままでも食べられる食事を差し入れてすぐに立ち去るとか、役に立つとすればそれくらいかなぁというのが私の考え。

お嫁ちゃんの引越し日に休みを取っていた夫は不満で不満で・・・

だけど、息子の引越しは済んでいるわけで、運び込まれるのはお嫁ちゃんの荷物だけですよ。

それを舅姑にかき回されたいお嫁さんって、とても少ないと思うのが私で、勝手に決め付けていると怒るのが夫。

私自身何度か引越しをしていますが、荷物は業者が運ぶので、大変なのは旧居と新居の掃除でした。

なので、掃除をしない夫がいてもすることなんか無いはず・・・。

30を過ぎた子どもですから、頼まれたらできることはしてやるけれど、そうでなければ放置が親切だと思う私と、何としても駆けつけてダンボール箱の1枚でも畳んでやるのが愛情だと思う夫では意見が合うはずもありません。

できるだけ子どもの厄介になりたくないと思っても、老人ホームなどに入居するには保証人が、入院や手術に同意書が必要だったり雑事はついて回ります(身寄りがいない時はどうなるのでしょう)。

せめて元気なうちは呼ばれもしないのにささくれこみたくないし、どうしてもと言うなら夫が一人で行けば良かったのにね。


その夫は本日休みで、昼食はかしわうどん

夕食はハヤシライス、サラダ、コーヒー

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ああ、男の人あるあるだわ~。

よつばさんの考えが正解だと思います。
開けた箱にお嫁さんの下着が入っていたら、お互いどうするんでしょうね。
嫌なお舅になるからやめてよかったんだって言ってあげてください。

理解のあるお母様で息子さんもお嫁さんも大助かりでしょう。
私も見習いたいです。

Re: No title

momonokehime3様

数回しか会っていないお嫁ちゃんなので、
お互いによそゆきの顔しか見せていません。
なので、息子はともかくお嫁ちゃんがどう思うかは正直わかりません。
市内なら稲荷寿司やサンドイッチと飲料くらい届けますけどね。

子どもの性格にもよります。
息子は頼みごとがあるとなると容赦無い^^;)けれど
何も困っていなければテリトリーに侵入されたくないという
超勝手なタイプ(私も同じなのでわかる)です。

狭い社宅に爺さん、婆さんがウロウロするだけで邪魔だし、
退職して引っ越して来たお嫁ちゃんなので
翌日から出勤するわけじゃありません。
時間がかかっても二人のペースでやるのが一番よね~

ま、こちらは険悪ですが・・・
プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告
シニアにお勧め!
最新コメント
リンク
ようこそ!
RSSリンクの表示
最新トラックバック