ブログの功罪

あちこちのブログを読み逃げするのが日課です。

ブログ自体は全くの創作でも構わないわけで
時々、○○と△△はグーグルアドセンス№が
同じでなりすましだという指摘もよく見ます。

創作と分かってしまえば借金や人間関係のことを
心配していたのが馬鹿らしくなるので
腹は立たないけれど読まなくなります。

創作物なら小説の方が面白いし・・・

一方、顔や名前を公開している方、
友人、家族にもブログの存在を告知している方も少なからずいます。

でも圧倒的に多いのは匿名です。

愛読しているブログAを見て「ゲッ」となったのは今月初めのことで、読者がアポ無しで突然訪ねて来たという記述でした。

土地勘が無い者にとっては何のヒントにもならない風景写真も近隣に住む人にはピンと来るので探したようです。

私のように親兄弟はおろか息子でさえ突然帰省されると「ゲッ」な者には心臓が飛び出るほどの驚きでしたが、冷静に記述してあり、コメント欄ではさらに手伝ってもらうようなことも書いてありました。
昨日改めてそのページを見ると、コメントは膨大な数になり、ほとんどが否定的でしたが、突撃した本人のコメントも多数ありました。

それで終わればまだしもですが、その後早朝にも勝手に作業に来たことがわかり、ブログ主さんは困惑し激怒しています。

人里離れた土地に住む、捨てられた(本人弁です)女、孤独などのキーワードが突撃男の琴線に触れてしまったようで、以前からいつも見守るなどのコメントがあったそうです。

しつこい絡みや嫌がらせもネット上だけであれば、最悪でもブログを止めれば終わりになりますが、住居を知られている以上完璧にに逃げるには引越ししかありません。

さらに拍車をかけたのが、ブログ主さんが魅力的な女性だったことでストーカー魂に火がついたようです。

理想を言えば最初の突撃の時、断固作業をお断りできれば良かったのですが、驚きと住居を知られた恐怖で相手のペースに乗ってしまったのでしょう。

そうしてみると最初の記事は住居を知られてしまったからこそ、相手を刺激しないように配慮した結果とわかりますが、突撃男は正義や誠意を全面的に肯定されたと思い込みます。

記事やコメントだけでは人となりを理解することは困難で、突撃男にも妻子がいて人間愛からのお手伝いであった可能性もゼロではありませんが・・・・・

ブログを通じてオフ会などでリアルな友人になったり、結婚する人もいますが、それはお互いのニーズがあってこそで、
そこに至るまでは手順も踏まなければなりません。

これ以上、ゴチャゴチャせずに収まることを祈っています。

お読みいただきありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

置くだけ! ダニを集めてポイ! ダニ粘着シート 「ダニホテル」ふとん (2枚入り×5組) 10枚セット

新品価格
¥2,750から
(2014/7/27 15:00時点)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

へっ?怖い。
写真見て訪ねてくるなんて・・・気持ち悪いわあ~
こないだ テレビでもやってましたが GPS機能があるカメラやスマホで撮ってアップすると住所まで ばっちりわかるそうで・・・
たとえ家の中で撮った写真でも世界中に公開してるようなもんで怖いですねえ~気をつけましょっと。

Re: No title

怖いですよね。
まして周りに家なんか無いのですから・・・

「いつでも見守る」っていうのも場合によっては脅迫的で、素性が分からぬ異性に(同性でもかな)こんなこと言われたらザワザワしちゃいます。一度公開してしまったら、いくら本人が削除しても決して消えないのは、ベネッセの名簿と同じですね。お互い気をつけましょう。

ただ、突撃されたのが私だったら2度目は無いな・・とは思いました。

No title

あれはランキングを上げる為の自作自演ブログでしょう。
炎上商法というやつではないですか。
本当だとしたら、あれは人間嫌いというより危ない人。

得体のしれない女もどきに引っかかって「避難しにおいで」と
招く人が本当にいたら危機感なさすぎ。

Re: No title

こんにちは。

あ!自作自演の可能性もあるのですね。

またハラハラして損したのか得したのか・・・

写真がきれいで好きなブログなんですけど
よく考えたらブログ主は男性の可能性もあるんですねえ。

どちらにしても病院通いが激しい私は
山奥に暮らすことはできません。
本日の歯医者は9910円(泣
あまりに憂鬱すぎてブログに書けませんでした。
プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!