慌しく愚痴を聞く



008_20170614135613cac.jpg

冬場は400~500円だったピーマン大袋がようやく300円です。

昭和中頃の小学校は40人以上の児童が教室にひしめき、1クラスに1人は小学生とは思えぬほど体格が良くて成熟した雰囲気の美少女がいました。

私のクラスではY美ちゃんがその美少女で、ずば抜けた色の白さと高貴なお血筋を連想させる整った鼻筋が印象的

仲良しだったので、小6の運動会の昼食はY美ちゃん一家と隣り合ったシートで昼食を摂りました。

その時に、勧められたのがY美ちゃんの好物だというピーマンの炒め物で、ざくざく切って炒めて塩コショウしただけなピーマンがタッパーにびっしり

実はピーマン嫌いだった私は困りましたが、子供心にも「断ったら友情にヒビが入る」と思い、我慢して食べました。

Y美ちゃんの美しさの秘訣・・・なような気がしたこともあり、味加減も良かったらしく、それ以来、ピーマンは平気になりました。

食べても全然美人にはならないけど、いかにも栄養がありそうで重宝な野菜なので手頃な価格になると助かります。

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------


いつも母を車に乗せて来てくれる従姉は、若い頃から常に出歩いている人でした。

家でのんびり~というのが大の苦手で、いつも予定をびっしり入れていないと気が済まない。

当然、交友関係も驚くほど広く、伯父(従姉の父)の葬儀の参列者の三分の二は伯父と面識が無い従姉関係だったそうです。

親しくなると家族ぐるみの付き合いになり、友達の友達も親戚同然なので、苦手に思う人は少なからずいます。

30代、40代のころは、よくこれで失敗してマンション中の主婦に総スカンなんてこともありました。

常にハイテンションで声も動きも大きいので、私も長く一緒にいると疲れます(´・ω・`)

が、実家の母のことも気にかけてくれ、よく立ち寄ってはアッシーを買って出てくれているので、有り難いと思っています。

それは母も同様・・・とはいえ、一人で静かに過ごしたい日に訪ねて来られると鬱陶しく感じることもあるようで、時々文句が出ます。

一昨日、3人でお蕎麦屋さんに行った時も、従姉がトイレに立ったわずかな時間に、従姉のインターホンの押し方が乱暴で、その音に驚いて血圧が急上昇するやら不整脈が出るやら、買い物に連れて行ってもらえば半日つぶれるやらブツブツ言ってました。

従姉本人に文句を言うほど愚かな母ではないので、私は「そりゃぁ大変だったわね~」とヘラヘラ笑って流していましたが・・・誰も来なければ心細く、頻繁に来れば鬱陶しいのですから兼ね合いが難しいです。

いくら気心知った仲でも「阿吽の呼吸」は至難の業だねぇ・・・


本日は夫が休みで昼食はざるラーメン(夫のみプラスおにぎり)

夕食は豚バラと新玉ねぎの炒め物、煮物(昨日の残り)、卵豆腐、味噌汁、漬け物、佃煮

訪問していただきありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!