平等な遺産分割は難しい


先月娘が里帰りした時、婿君へのお土産を大丸百貨店で買いました。

その支払いをたまたまたくさんあった期間限定楽天ポイントで全額済ませた私。

それを見た娘はクレジット機能のみの楽天カードからポイントとEdyが付帯したカードに切り替えたそうです。

ネットで貯めた期間限定ポイントをリアル店舗で使えるのが楽天の良さで、この点はTポイントより私向けです。

仕事を頑張って成果を出すのが一番効率良く稼げますから、娘の場合は私のように夜中でも頑張ってアンケート回答すべきではありません。

それでも運良く電車で座れた時、待ち合わせ相手が遅れている時、隙間時間にゲームの代わりにポチポチやれば、毎月ミスドのドーナツの一つや二つは買える(貰える)はず・・・

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

40歳を過ぎたころから身近で遺産に関するトラブルを見聞きするようになり、父が亡くなった時に私自身が相続人(放棄しましたが)となりました。

他人事でも私事でも疑問に思えばネットで調べ、さらに今回も調べ、ある程度事情通になって思うのは平等な分割の難しさです。

不動産などは相続税を払えれば売却せずに共有することもできますが、最初は2人、3人の子どもで相続しても代替わりすればどんどん数が増えて意志の統一が難しくなります。

スッパリと分けやすい現金だって寄与分、特別受益がからむと話は複雑になります。

寄与分
共同相続人中、労務関係・財産給付・療養看護などにより被相続人の財産の維持・増加に特別に寄与した者に付加される相続分。

特別受益
相続人の中に特別に被相続人から利益を得ていた人がいる場合の、その受けた利益のこと。

どちらも適正な判断はとても難しい場合が多いけれど、寄与分や特別受益には当たらない不公平感が噴出することもあります。

介護だって、そのために介護者が退職を余儀なくされたり、かなりな労働力を提供したと認められなければ寄与分とならず単なる子の義務とみなされます。

が、実際にはデイサービス利用中しか外出できない、定期・不定期な通院の付き添いで予定が立たない、役所関係の煩雑な手続きなどなど介護度が低くても大変です。

それを押し付けられたと感じていれば、気軽に旅行できる兄弟と二等分、三等分では納得しがたい気持ちもわかります。

兄は進学を反対されて家計を助けることを強要されたのに弟は私大進学、姉には嫁入り道具や結婚式で数百万円出したのに妹には援助が無かった、パラサイトな兄弟がジワジワと親の資産を減らしていた、墓の管理や寺のつきあい・・・・

争いを避けるには日頃からの円滑な人間関係が大切だと誰もが言い(書いてあり)、それはその通りなのですが、長い年月の間に負の感情が積み重なり、円満な疎遠状態の兄弟姉妹もいます。

揉め事となれば弁護士の出番で、検索すると営業用のHPがズラズラ。

素人では手に負えないのでお任せ下さい!!

でも、お任せすれば多額の費用がかかります(たとえ負けても)。

こうなると一人っ子最強です。

すぐに仕事を辞めてはカードローンや消費者金融で借りられるだけ借り、にっちもさっちも行かなくなると親に頼っていた親戚の子の元夫は合計で1000万円を超える額を援助してもらい、もうこれ以上は無理だと親が音を上げると偽装離婚しました。

一人っ子だから良いけれど、借金しながら旅行に行ったり、アイドルの追っかけをしたりなので、もしも兄弟姉妹がいたら争いになったかもしれません。

子どもはそれぞれですから分け隔てする気が無くても平等にはならないことがあります。

算盤塾に通う子とバレエ教室に通う子ではかかる年間費用が一桁違い、そんなことを大人になっても引きずっている人もいます。

実の親子でも相性がありますから、子ども時代からあからさまな差別されたと思っている人もいます。

そもそもが平等に分けなければならないわけではなく、戦前のように長男だけが全財産を相続しても異議が出なければ無問題です。

でも、それじゃ争いになるだろう・・・と平等に分けても、その平等は不平等になってしまう。

いろいろな事例を読むと頭痛がしてきます(´・ω・`)

相続時、負債>>>不動産評価額だった友人の兄弟は相続放棄しましたが、親が最後まで過ごした物件を手放したくない友人は借金で借金返済して相続しました。

亡くなった親に大きな借金があるとわかったとたん、兄弟姉妹は葬式にも来なかったそうです。

が、長いこと苦労して借金返済の目処が立つと、今度は賃料収入がある不動産を相続したことが妬ましい

厄介なことです。


本日の夕食は昨日分をスライド。

夫が夕方からでかけたので私は適当に済ませました。

訪問していただきありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!