私だけじゃなかった


ついこの間までキャンペーンをやっていた「はこBOON」ですが営業を停止するようです(´・ω・`)

たしかヤマト運輸と伊藤忠が展開していたはずで、料金体系がシンプルで安かったのです。

難点はファミマまで持ち込まなければならず、近いとはいえ移動手段が徒歩または自転車なので、極端に大きい、重い荷物は無理なことでした。

これもヤマト運輸の経営合理化の一端で、まずは個人をターゲットにしてから本丸のAmazonに向かうのでしょうか?

札幌も街中はカートに荷物を積んで人力で押している姿が見られますが、東京はリアカーのような物にぎっしり荷物を積んで自転車で配達していて驚きました。

え?と思うほど狭い道も当たり前のように車が通り、駐車スペースが無いので苦肉の策でしょうが、馴れないとカーブを曲がるのも大変そうですし、結構急な坂も多いのでよほど体力が無いと無理な仕事です。

ヨレヨレになって坂を上ったのに留守だったりしたら・・・泣きたくなりますよね。

喘ぎながら坂を上る姿を見ただけで体の節々がうずきましたが、もしかしたら下りの方が大変かもしれません。

いずれにせよ長く続けられる仕事とも思えず、そうなれば人手不足は慢性化します。

まともに残業手当を支給するための値上げは仕方ないけれど、ジワリジワリとあれこれが値上げになり、節約が追い付きません・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


016_20170510170606619.jpg

実家に行った時、お裾分けのお裾分けでもらった南関あげ。

検索してみると熊本県民のソウルフードらしい。

なるほど普通の油揚げよりは日持ちがして便利で、味噌汁やうどんに入れて食べていますが、何か画期的な食べ方ってあるのでしょうか?

せっかくなので南関あげならではの食べ方をしたいのですが調べてもヒットしません。

これは、海外の日本食スーパーで取り扱うと売れるかもしれません。

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

祖母と生き、23歳で死を選んだ孫。

良い写真なのです。

ハッピーエンドで終わるなら、様々な理不尽さも埋もれてしまう、埋めてしまっても構わないけれど、わずか23歳で孫は生きることをやめてしまいました。

家族や一族にはそれぞれの事情があり、23歳の孫の自死の理由だってわからないけれど・・・

弱っていく祖母との暮らしは情愛だけでは片付けられない大変さもあったでしょう。

介護は平等に担うことはできないけれど、都合良く押し付けていたりはなかったのかなぁ。

23歳の若者が亡くなってしまったことが残念で、ムシャクシャしているからイラつくのかもしれませんが、そうそう素直に感動できないわ

よくよくひねくれ者だなぁ・・・と思いつつコメントを読むと、やはり同じようにやり切れない思いを抱いている人も少なからずいました。

ご冥福をお祈りしますが、やはり生きていて欲しかったです。


本日は夫が休みで昼食はチャーハン

夕食は近所のファミレスへ。

夫とファミレスなんかに行っても楽しくありませんが、断ると話が長くなるので・・・

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

写真を見ました。
おばあちゃんを看取って彼が前を進んでいるのなら感動できますが、彼が姿を消して命を絶ったと知るとただただ悲しい写真です。

若い人が命を絶つ。これほど悲しいことはありません。

おばあちゃんが亡くなるまで辛い思いを抱えていたと思うとなおさらです。

Re: No title

うーすけ様

3ヶ月に1度ほど、写真を撮るためにもう一人の孫が訪ねて来るのは非日常なわけで
そうでない日の積み重ねには「ほんわか」してられない現実があったはずです。

孫が亡くなってからの祖母は「死なないから生きてる」だけだったでしょう。

孫が生きていてくれたらね、良い写真集だと思うのですが、
こんな結末では感動よりイライラの方が大きいです。
プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!