ナンプレ&里親とか養子とか難しい


GW後半、気温も上がり好天に恵まれました。

半引きこもりの私ですが、やはりお天気が良いと嬉しい。


普段、せっせとアンケートに応えたり、只管クリックしたり・・・で貰ったポイントは、仕事をした(働いた)などとは言いませんがタダでゲットしたとは到底思いません。

だって面倒臭いですもん(´・ω・`)

でもね~これは正真正銘、タダでもらった!!と思えるのがナンバープレイスを解いていただいたポイントです。

パズルは好きなんです。

好きな問題(難問と上級)しかやらず、たまに解けないこともあるのでなかなかポイントは貯まりませんが、先日、500円分のAmazonギフトと交換しました\(^o^)/

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

ちょっと前、大阪で同性カップルが里親になったことが報じられ、いつも拝見しているブログで東京だけが同性カップルでは里親になれないことを知りました。

昔々とは違って養護施設にいる子どもたちのほとんどは孤児ではありません。

また、ひと口に里親と言っても、私的に預ける場合はともかく、公的に児童福祉法に則る場合は色々と厳しい制約があります。

ニュースになった大阪の同性カップルは、期限付きなのか将来養子縁組前提なのかは不明です。

いずれにせよ里親、里子となることで双方が幸福にならなければ意味がありません。

同性カップルを両親として過ごす子どもの気持ちというのは、偏見云々以前に想像がつかないのですが、同性婚は認められる世の中になりつつあります。

今後は珍しくなくなってくるかもしれません。


里親とは違い、養子縁組となると親権者は養親になります。

ある程度の分別ができる年齢の子どもや成人ならば別ですが、幼い子どもであれば「されるがまま」

特に6歳未満の特別養子縁組は実親とのつながりは消えます。

一昨日の法事で従姉とおしゃべりしていて思いだしたのが、お寺の養女であったCちゃんのことです。

小学生のころ、この従姉宅に泊まりに行くと、檀那寺に出向くことが多かった伯父は時々Cちゃんを連れて来ました。

従姉とは年が離れていましたので私は退屈、一方のCちゃんもまだ友だちもいなくて退屈だったからでしょう。

私より一つ年下のCちゃんは利発そうで愛嬌もある顔立ちなしっかりした女の子でした。

私としてはいつも楽しく遊び、気が合った・・・と思っていましたが、かなり大変な家庭(どう大変なのかは知らない)に育ち、ものすごく苦労して育ったそうなので、Cちゃんが合わせてくれていたのかもしれません^^;)

お寺ではとてもとても大事にされていて羨ましく感じたものでした。

が、中学生にもなると、私も長々と親戚に泊まりに行くこともなくなり、Cちゃんと会うこともなくなりました。

そして、時々思い出すと、お寺の養女は重くないかしら?と心配になったものです。

一般の家庭とは違い、ゆくゆくは相応な婿を取りお寺を継がなければなりません。

覚悟を決めて、または深く考えずにレールに乗ってしまえば安泰ですが、レールが敷かれていることを苦痛に感じたら息が詰まります。

Cちゃんは後者であったのか、反抗期がこじれたのか、詳しい事情はわかりませんが相当な修羅場の末に出奔してしまいました。

酷い境遇から救い出して大切に育ててもらった恩はありますが、それはCちゃんのせいではありません。

恩返しすべきなのは本当はCちゃんの実の両親です。

その後、Cちゃんは養子縁組も解消し、結婚、離婚を繰り返し、お金に困ると元の養家である寺に無心したりしていたそうですが、今はどうしているのかなぁ。

Cちゃんだって、もしも中学生か高校生以上になっていれば、寺の養子は拒否したかもしれないし、最初から納得してすんなり婿を取り大黒さんとしてどっしり構えていたかもしれません。

里子にしろ養子にしろ、いやいや実の親子だって先のことは誰にもわからず難しいねぇ。


本日の夕食は塩鯖焼き、炒り豆腐、アボカドとわかめ、味噌汁、漬け物、佃煮

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!