何とかならないものか


手を縦にして鼻を覆った範囲にできた面庁(おでき)は危ないと昔から言われています。

構造上、薄い骨を隔てて脳に近いから・・・で、実際に亡くなる人もいますが、ほとんどは放置していても治ります。

私も1~2年に1度くらいはできるかなぁ・・・

原因菌は常在菌であるブドウ球菌だそうですが、今回はとにかく痛い

003_20170423183116764.jpg

抗生物質軟膏を塗って4日目、ようやく固さが無くなり(腫れが引いて)痛みが和らぎました。

よくよく見れば、外側ではなく内側の鼻の入り口だったので、多分鼻のかみすぎで傷がついたのでしょう。

また、セチリジンを再開して鼻水を止めて治療中です。

あんまり痛いので皮膚科受診も頭をかすめましたが、また「チラ見診察」で抗生物質軟膏を処方されるだけです。

内服薬もあるかもしれませんが、できればあまり飲みたくない。

で、10%オフのクーポンを使い、お支払いは楽天期間限定ポイントで↑の軟膏を買いました。

これもセルフメディケーションに指定された薬品ではありません。

やはり、なかなかこの制度を利用しての税金還付への道は険しいようで、この話題は一向に盛り上がりません(´・ω・`)

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

人並み生活50万円のさいたま市で、夜、5歳を頭に3人の子どもが留守番中に火災。

1人が亡くなり、2人が重傷です。

この家庭の事情に関してはわかりませんが、こういう事故があるとシングルマザーの貧困が取り沙汰されます。

シングルで子育てをするに至った理由は様々でしょうが、ほとんどの場合は父親は特定されます。

夫の借金が原因での偽装を含めた離婚も多いし、DVで逃げた人もいるでしょうが、不倫、義実家との折り合いの悪さなどが原因でも養育費をもらっていない人がたくさんいます。

なかには意地でももらいたくない→貧困に喘ぐ人もいるようです。

養育費は母親の権利ではなく子どもの権利ですから、よほど磐石な職業に就いていない限りしっかり請求すべきだし、約束したからには最優先で支払うべきです。

親権者でないからといって、子どもは無かったことにして父親は身軽に再婚・・・は理不尽です。

ひたすら遺伝子をバラ蒔くことに腐心するのが♂の身上ではありますが、人間ですから責任も果たしてもらいませんと・・・・

これから子持ちで離婚する人は、しっかり養育費についても取り決めて公正証書にしておくべきだし、こういう事案の場合は証書作成費用を援助してハードルを低くしつつ、マイナンバーなども活用して確実に受け取れる仕組みを作って欲しいです。

母子家庭の生活苦の報道を見る度に、「で、父親は何してんの?」と思ってしまいます。

孫が生まれれば、いつでも子守OKな爺ちゃん、婆ちゃんも減ってます。

死別でない限りは離れていても親の義務を果たして欲しいものです。


本日の夕食は鶏モモ肉のニンニク味噌だれ(胡瓜)、かぼちゃ煮物、納豆、味噌汁、漬け物

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告
シニアにお勧め!
最新コメント
リンク
ようこそ!
RSSリンクの表示
最新トラックバック