視野検査日


冷たい小雨が降るなか、ずっとずっと憂鬱だった視野検査に行って来ました。

現状維持がベストで、治ることが無い病気なだけに精神的な苦痛が大きいです(´・ω・`)

視野はほぼ変わり無しでホッ。

特に大きな問題が無ければ、次回の検査は半年後です。

診察代と目薬5種類11本(ほぼ2ヶ月分)で5890円。

同じ容量の目薬でもテクスチャーや容器によって減り方が違います。

5種類ともなるとスラスラと名前が出て来ないこともあるので、処方数の希望はメモして持参しています。

雨ニモマケズ・・・厚地のコートと帽子で自転車で突っ込んだので、それなりにジットリと塗れました。

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

渋谷容疑者のご近所さんを取材していた共同通信の記者が、インタビューを断られたことに腹を立て、壁を蹴ったことがニュースになりました。

壁に耳あり、障子に目あり・・・で、今どきはスマホで簡単に動画も撮影できます。

すぐに感情をセーブできなくなる人がウロチョロ取材しているのも怖い話です。


何かと話題になる稲田防衛相がまたしても森友問題で浮上してきたとき、高校時代の同級生たちに取材していましたが、悪口ばかりでした。

「勉強してるくせにしてないと言う」とか「地味で目立たないのに教師には媚びる」とか・・・です。

まぁ、全然意外ではなく、そういう女子高生ではあったのでしょうが、進学校では珍しいタイプでもありません。

稲田氏は58歳ですから私より2歳若いけれど同世代です。

高校時代なんて40年も前のことなのに、取材されたらペラペラと悪口を言う?

高校生や大学生ならいいけれど、還暦前の大人が(良くも悪くも)有名人になった元同級生の悪口を見ず知らずの人に言うってカッコ悪いし、後で軽薄だったと自己嫌悪に陥ったりしないのかなぁとも思いました。

私は人の好き嫌いが激しい方なので、嫌いな人について取材を受けたら、ついついたくさん悪口を言ってしまうでしょう。

こういう記事を見るたびに、将来、取材される側になったとしても拒否すべき!と決意を新たにします。

だからって壁は蹴らないでねm(_ _ )m


同期会で高校時代の友人、知人に会うと、女性はさほど「変わった」と思う人がいませんが、男性は「!」な人が結構います。

当時は斜に構えて孤高を気取っていたり、思春期特有の自意識過剰からほとんど女子生徒と話などしないタイプだった人々もフランク、フレンドリーになっています。

中には度が過ぎて、いきなり姓ではなくて名を呼び(しかも呼び捨て)、とても親しげに全然興味が無い話を延々とする人もいます。

表面上は歓談しつつもドン引きです。

「何、あれキモチワルイ。」などと仲間内で悪口は言いますが、もしも彼らが時の人になっても「昔は陰気臭くて何を考えているかわからない人でした。」などとマスコミには言いませんよ!


本日の夕食はメンチカツ(キャベツ)、イカともずくの酢の物、冷奴、味噌汁、漬け物、佃煮

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。稲田さんは、同世代として見ていて面白い人だと思います。私も同世代という事で、色々検索しましたが、超右翼ということ以外は、よくわかりません。それより気になるのがファッションだったりします。

防衛大臣でも、安っぽい洋服・安っぽい(かつ子供っぽい)アクセサリーでも、ドレスコードOKなんだなあと思います。かつては、アラ60ともなれば、「本物じゃないとみっともない」と言われたものですが、おもちゃのようなアクセサリーでもOKになったのかなあとか。

あのファッションは、東大生であるお嬢さんが選んでいるとの噂ですが、アラ60の大臣になったお母さんのファッションが、あれでいいと思う感覚も、もうついていけません。

ちなみに、安倍夫人のファッションセンスもどうよ?と思います。
あれがセレブのファッションなのかなあ?

Re: No title

ぱある様

多分、私がおしゃれでないこととニュースをPCで読む(画像は小さくて顔だけだったりする)からでしょうが、稲田氏がどんなファッションなのかは頭に浮かびません。

昭恵夫人に関しても何を着ているか全然わからん・・・
独身時代は親(森永でしたっけ?)の威光、結婚後は夫の威光で好き勝手している人というイメージです。
生まれや育ちや現状の暮らしを考えると、もう少し上品な顔立ちになっても良いのになぁ・・・

昔に比べると何歳だからこんな服!というシバリは減ってきているけれど、年配女性のレギンス姿にげっそりすることもあります。
若くもないけれど完全に婆さんでもない年代、しかも予算はタイト・・・となると選択が難しくなり、結局どうでもよくなってしまいます。
プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告
シニアにお勧め!
最新コメント
リンク
ようこそ!
RSSリンクの表示
最新トラックバック