複雑なキモチ


延々、半日がかりで、そのうち6時間以上は無駄な調べ物だった確定申告書もようやく終わりました。

今日は印鑑を押したり、証明書類を添付して封筒に入れ・・・

あれ?

私の分はあるけれど、夫分の控えがありません

仕方なく糊付けを剥がして中を確認したら、やはり一緒に重ねて封入してありました。

もちろん!ちょっとボロくなった封筒はそのままテープで補強して使いましたよ。

2人分で90グラム弱なので送料は140円です。

私の場合・・・

古い古い、独身時代からの証券口座にほんの少しだけ株があり、ニーサどころか特定口座ですらないので、年に1、2度でも売買して雀の涙ほどの利益が出ると申告納税しなければなりません。

逆に損した時は、翌年以降に損益通算するための申告です。

前者は義務で、後者は任意ですが、そりゃぁ必ずします(`・ω・´)

おっそろしいほど儲かっていませんが、このお金に関しては夫にとやかく言われる筋合いは無いので、好き勝手にほぼ放置しています。

余命宣告でも受けたら・・・死後、いくらでもないこんな資金のことで手数をかけさせるのも気が引けるので、全部売ります。

葬式(しなくて良い)は無理ですが、火葬と散骨の費用くらいにはなるはず・・・

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

従兄のお嫁さんと電話で話していたら、結婚した息子のK君が時々料理の作り方を聞いてくるので複雑なキモチになる・・・と言っていました。

え~!?どうして??いいことじゃないの???

大学時代の同級生と結婚したK君は、夫婦ともに正社員として誰もが知る堅実な会社で働き、お子さんも1人。

30歳になるかならぬかで年収が1000万円の大台越えという会社もありますが、それは一握りのことで、将来の年金を考えたら頑張れるなら頑張っておくのが得策・・・と、私などの境遇では切実に感じます。

従兄は高給取りですし、結婚当時は同居の大変さはあったもののすでに立派な家もあり、お手伝いさんまでいたので、自分の息子が家事をしていることが理屈じゃなくて感情が受け付けないようです。

二人ともにフルタイムで働き、妻だけが家事、仕事、育児の全てを担うのは無理があります。

年金だって、今の30代は何歳からどのくらいもらえるのかはわからず、はっきりしているのは平均寿命くらいじゃ「元は取れない」ことだけ。

夫が妻の家事を手伝うのではなくて、共有の仕事として取り組まないと!

むしろ、初心者向けの料理本でもみつくろってプレゼントしたいくらい・・・ですが、いざ姑になるとまた違った感情が湧くのかなぁ。

嫁姑問題は永遠なので、未経験者には分からぬ世界です。

友人の元ご主人(後に離婚した)は、先ほど書いた一握り組の高年収で、家事全般の能力も高いマルチ人間

洗濯物なんかそれはそれは手早く、ビシーっと少しの乱れもなく干すそうです。

が、惜しいことに口うるさい(´・ω・`)

自分同様にできない妻にいらだち叱言が多いのです。

私などから見ると、友人だって充分家事能力が高かったけれど、いつも叱られてばかり。

そうなると却って家事能力ゼロ夫より大変だったりします。

将来、もしも妻に先立たれた時、家政婦兼介護要員として再婚相手を見つけるにはよほど財産か魅力が無ければ難しい。

だからと言って、大手を振って子ども世帯に転がり込めるかどうかはわかりません。

男性だって気軽に作れる料理の3つや4つはあった方が良いと思うわ~


では、折角出来上がったので確定申告書を投函してきます。


本日の夕食はぎょうざ、茄子とピーマンの味噌炒め、竹輪と胡瓜の酢の物、味噌汁、漬け物、佃煮

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!