細胞が減る


東京羽村市で3年前、当時64歳の寝たきりの母を放置して死なせた疑いで35歳と32歳の姉妹が逮捕されました。

何故3年前のことで今頃?とは思います。

3人で暮らしていた住居は一般的なファミリータイプのマンションのように見えます。

役所に相談できなかったのかなぁ。

どうしても介護が嫌(無理)なら別居して福祉に丸投げ・・・とか。

どんな母娘関係だったのかは不明ですが、親としては死後に自分が原因で娘が逮捕されるなんて浮かばれません(´・ω・`)

寝たきりになった原因は骨粗しょう症だそうで、64歳といえば早過ぎる感じもしますが、(すでに亡くなった)知人の奥様も同じような年齢ですでに車椅子でした。

あちこち痛くて、到底自立できなくても、治療方法が無いので入院は不可だそうです。

動けないことが原因なのかどうかはわかりませんが、幻聴や被害妄想もひどく、口は達者なので介護は大変そうでした。

幸か不幸か、車椅子生活になってからは「ぼわ~」としていることが増え(もしかしたら薬の影響かも)、5、6年で亡くなりました。

痛い病気は辛そうです。

-------------------------------------------

-------------------------------------------

通っている眼科のスタッフが全部で何人いるのかはわかりませんが、驚くほどのスピードで電卓をたたく会計の方や受付も含めると10数人ほど・・・。

入院病棟から見慣れない看護士さんが来ることもあり、全容は不明です。

そのうちで眼鏡をかけていないのは3人ほど・・・ですから眼鏡率は高いです。

仕事中だけ眼鏡で、プライベートはコンタクトという方もいるかもしれません。

コンタクトレンズの処方はオイシイ仕事なのかもしれませんが、行きつけの眼科医はあまりお勧めはしません。

処方しても、常に長時間入れっぱなしにしないように忠告しています。

が、うちの娘なども朝装着し、授業が終わってから深夜まで遊ぶ→入れっぱなしもよくありました。

学生の頃はそれでも何とかなっていたらしいけど、だんだん長く装着しすぎると充血したりするようになったらしい。

先日、眼科を受診した時、40歳過ぎ(多分50歳にはなっていない)の女性が、ナントカ細胞が減ってきているので、そろそろコンタクトを止めて眼鏡にした方が良いと医師に言われていました。

眼鏡は絶対に嫌です!と拒否していましたが、細胞が減るって何だろう?

まぁ、ね~好みでチョイスできる人はイイよね~

緑内障(私)とか加齢黄斑変性とか・・・矯正不能な病気がたくさんあるもの。

私が初めてコンタクトレンズを買ったのは10代の終わりで、40年以上前でした。

当時はワンデイなんてなく、ハードとソフトのみで価格も高かった。

近くの眼科で処方してもらいましたが、ソフトレンズはまだ充分に安全性が確認できるだけの年月が経っていないとのことでハードを勧められました。

ハードレンズは慣れるまでに時間がかかり、ずれたり落したりも多くて大変でした。

特にゴミが入った時の痛さと言ったら涙ボロボロで、涙の量が多すぎるとうまく外せなかったりで苦労しました。

その後、子どもが生まれてからは、面倒臭いわ、お金は無いわ・・・で止めました。

多分、今、遠近両用のコンタクトレンズを医師に相談したって、即却下でしょう。

アレルギー、ドライアイ、緑内障・・・で、1日中目薬ばかり点眼しているので無理無理無理。

減っている細胞が何なのか気にはなりますが、まさか他人の診断を盗み聞きした末の質問はできません^^;)


本日は夫が休みで昼食は力うどん(夫のみプラス卵)

夕食は豚生姜焼き(キャベツ)、納豆、焼き茄子、味噌汁、漬け物

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!