お香典辞退


清水富美加さんの引退が話題になっていて、「出家」という言葉に驚きましたが、清水さんを知らないので、驚きも少ない。

知らないこと(人)が多いほど感情の振れ幅が小さくなり、ちょっとツマラナイ(´・ω・`)

数年後には幸福実現党から立候補もあるかもね。

少し前、地下鉄の改札付近で、ダウンコートを着た40過ぎくらいのご婦人に声をかけられました。

ひっきりなしに人が流れる中、立ち止まっていたのでちょっと浮いて見えたけど、道でも聞きたいのかと思ったら・・・

私は~宗のお寺で勉強している者ですが、 と始まった。

若い頃はよく白人2人組に「チョットイイデスカ?」と声をかけられましたが、最近では避けられています^^;)

話を聞いたことが無いので詳しくは知りませんが、モルモン教か何かだと思います。

そして・・・・若い人にしか用が無いみたいで、そんな2人組を見かけても、目を合わさぬようにセカセカする必要が無くなり、せいせいしていたのになぁ。

で、何を言いたいかというと

地下鉄駅構内とか地下街は宗教やセールス、客引きは禁止なんです。

たとえ私が不幸の塊のような雰囲気を醸し出していたとしてもルール違反は不愉快でした。

地上の往来は氷点下ですから寒さを避けたのでしょうが、修行が足らんわ

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

実母と前後して娘婿のお婆様が亡くなりました。

お年もお年でずっと入院なさっていたらしく、私はもちろん娘も存命中にお会いしたことはありません。

それでも入籍したからには、娘にとっては義祖母です。

(西日本まで行く気はありませんが) お香典を言付けたのですが・・・

葬儀は家族葬で、どなたからのお香典も辞退しているとのことでした。

冠婚葬祭に関しては地方によっても常識が異なり、さらに個人個人の考え方、時代の流れによる変化で絶対的正解はありません。

香典返しだって会葬御礼と同じハンカチ程度だったり、後日ヤケに高級そうなお茶が送られてきたり色々です。

ネットでちょっと調べてみると、香典を辞退した場合、葬儀費用の足しにはできない反面、香典返しなどの煩雑な作業が無くなる利点もあるようです。

まぁ、ここらへんの感覚は身内の葬儀をした人にとってはよくわかります。

三周忌くらいまでは本当に忙しいです。

で、辞退された場合は、四十九日にお花などを送ると良いと書いている人もいますが、実際どうなんでしょうね?

故人と深いご縁があったわけでもないし、香典を辞退しているのにお花を送られたら・・・有り難いけれど少し面倒くさいかもしれません。

ここらへんの空気を娘が読んでくれれば良いけれど(要は娘の立場が大事なわけですから)、ちょっと前に姻族になったばかりでそれは多分無理でしょう。

何ごとも想定外、イレギュラーだと悩ましいことです。


本日は夫が休みで昼食はカツカレー

夕食はししゃも焼き、厚揚げのネギ味噌炒め、焼き茄子、味噌汁、佃煮、漬け物

カレー用の豚肉を1パック買うか、2パック買うかで迷い、結局ケチして1パック。

あまりに肉が少ないので、冷凍してあったヒレカツの残りを揚げてカツカレーにしました。

が、カツカレーのカツはロースカツが美味しいね。

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!