驚愕の事実


002_20170211151855eca.jpg

先日スクエアカードに入会した時にもらった食器洗い洗剤で、夫の分もあるので2個。

フロッシュは環境に優しいことからファンが多い洗剤です。

が、まず「アロエの香り」が違うでしょ?と思いました(´・ω・`)

何だか昭和な床屋さんの臭いで台所とはイマイチ合わないし、汚れ落ちも微妙です。

あくまでも個人的感想なので愛用している方に気を悪くされると困りますが、私は買わないでしょう。

もらったからには使います(2本も)が、ちょっとストレス。

それでも、「こんなことならもらわねば良かった」とは思わないのが私^^;)

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

実母が私を探し当てた時、最終的には夫の実家に電話がいき、そこで私の所在が確認できたことは以前書きました。

ただ、私はできるだけ舅姑とは距離を置いていますし、そのことは実母にも言いました。

どちらにしても、突然現れて、嫁の母として舅姑と付き合おうとするのは無理があります。

あちらもこちらも微妙なバランスを取って成り立っている人間関係ですから、そこに横から入って来られては困るのです。

ところがです。

何と実母はその後も夫の実家に電話をしていたのです。

しかも、私が上京した時に、家には帰りたくない、このまま東京にいたい・・・と言っていたと、話したそうです。

(夫からの又聞きですが)

はぁ?!


確かに夫との暮らしは楽しいものではないけれど、そんなことは一言だって言ってません。

実母の棲家は実家ではなく有料老人ホームですから、転がり込むことだって不可能です。

それより何より、私を近くに呼び寄せたいという希望があからさまでしたから、変な期待を持たせないためにも(好きでもない)北海道を離れないと何度もキッパリ言ってました。

だいたいねぇ、もし私がそんなことを本当に言ってたとしたって、一面識も無い舅姑に実母が告げても問題が拗れるだけでしょう。

この場合、私がそんなことは言ってないと力説したところで証拠はありません。

秋にケアマネさんに伺った時、半年毎の検査で認知症の診断は下っておらず、年齢並の物忘れとのことでした。

が、もしも次回の検査があったら・・・恐らく軽度の認知症と診断されたと思います。

認知症も重度となると運動機能、言語機能も極端に衰え、食物を咀嚼して嚥下することさえ難しくなりますが、それ以前はいわゆる「まだらボケ」で、妙にしっかりしている部分と訳ワカメな部分が入り混じり、周りの者を悩ませます。

お金の計算が苦手になり、不安感からいつでも万札ばかり出すことも多いそうですが、実母の場合はその辺はクリアでした。

必ずしも直前に聞いたことは全部忘れるというわけでもありません。

まだ存命だったとしても、抗議したところで多分埒は明かなかったでしょうが、亡くなってしまえばギブアップです。

かくして、私は身に覚えが無いことで、また夫にグチグチ・・・

もう1週間も何も食べさせてくれないなどの妄言は、元気に動いていれば妄言と判断ができますが、その他の虐待とか金品を盗まれたなどは判断が難しくなります。

厄介なことに本当に虐待されたり、認知症をよいことにお金を使いこむなどもそう珍しくもありませんから、聞き手によっては「まさか」と思いつつも「もしかして・・・」になったりします。

疑われた人は周囲に申し開きをし、納得してもらったとしても心の中まではわかりません。

私は実母の介護はしていませんが、自宅で大変な思いで介護して、挙句の果てにあらぬ疑いをかけられたんじゃ浮かばれませんね。

いつか私も娘の嫁ぎ先に変な電話をかけたりするのか・・・と思うとあまり長生きもしたくないわ(´・ω・`)

10年以上前に父が亡くなり、そして先月実母が亡くなり、これで実の両親がいなくなったという感慨はあります。

が、その一方で、今回のようなことがあると、これ以上騒動を起こす前に亡くなってホッとしています。

冷たいようですが、存命であれば、いつまた、夫の実家に電話してあること無いこと話すかもわかりません。

ただでさえストレスが多いのに、そんな心配までするのはゴメンです。

ってやっぱり冷たいかな


本日の夕食は肉じゃが(豚)、ほうれん草としめじの辛子和え、卵豆腐、味噌汁、漬け物、佃煮

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私がそういう事(認知症とか)で思うのは、1対1でかかわるのは、危険かなあという事です。1対1だと、どっちが悪いか第3者はわからない。3人だと、誰がおかしいかが、はっきりしやすい。
今の3人暮らしは、そういう意味ではいいかもと思います。
母と2人になったら、煩雑に付き合ってくれる第3者みたいな人が、必要だなあと思ってます。

私も、自分の「脳」のコントロールが出来なくなったら、死にたいです。そうならないで長生きしたいです。

Re: No title

ぱある様

皆、ヒマってわけじゃないですから、
たとえ兄弟姉妹がいても交代で介護・・・などになるので
私の友人たちもほとんど1対1です。

で、結局は病気の進行状況としては由々しきことですが
いよいよ重度となると却って介護が楽になるのは皮肉なことです。

え?と思うようなアクティブな方も
なる時はなるのが認知症(´・ω・`)

せめて子どもたちには経済的な負担をかけぬように・・・
とは思っています。
プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!