TPP&貧困ビジネス化加速


まず、5%オフのスーパーにでかけて、どっさり買い物。

本当は荷物だけ置いて、そのまま出かけたかったけど夫が休みなので昼食。

その後、ドラッグストアとガソリンスタンドへ。

灯油はリッター77円で、前に嘆いた時より1円アップです。


TPPは随分反対もあったのに、アメリカ主導、そして恫喝されて参加以外の選択肢が無くなったような印象を持っています。

あくまで物知らずな私の印象ですけどね。

ここに来て、突然の手のひら返し?で、アメリカ産の物は買いたくない気分

ま、買うとしても私の場合は食品ばかりですし、それさえも大量消費じゃないので「ごまめの歯軋り」です。

本日のセール品は、北海道産豚ヒレ肉がグラム128円!

年を考えれば(しかも運動不足)ロースよりヒレよねぇ・・・

で、アメリカ産のロース98円なんか買うもんか(`・ω・´)

迷ったのは広尾産(十勝地方)生鱈半身580円で、これだけで5分くらい考えた末に買いました。

まずねぇ・・・切り身じゃない魚は切るのが面倒臭いんです。

はぁ・・・面倒臭いと書いてる暇に切れ!なんですけどチルドルームで待機中です。

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

昨年秋から放置中だったライティングサイトを覗いていますが、何だか貧困ビジネス化が加速したような感じです。

デザインとかシステム構築とか技術や経験が必要な案件を除いた、誰でも(私でも)できるライティングは元々貧困ビジネスの部類ではありましたが、さらに単価が下がった感じです。

その上、400文字30円とか40円と募集しているのに、実際の作業は800文字とかタチが悪いのも増えたようです。

サイトによっては極端に案件が減っているところもあり、夜中にちょっと覗くようなかかわり方はもう無理かも・・・

単に時期的なことなのか?潮目が変わったのか? まぁ諦めずに時間がある時はチェックしてみます。


テレビは食事中に「見える」だけなので、テーマ(トランプ政権への期待?)はよくわかりませんでしたが、アメリカの24時間営業のファーストフード店の「ダイナー」に集う人々を取材した番組でした。

大企業の正社員、非正規雇用、工場の海外移転により解雇が決定している人、失業者・・・などなど、ダイナーに集う人々の格差。

お金が無い人は、6ドルのハンバーガー・・・みたいな話でしたが、チップだって必要ですから、結構な価格の朝食になります。

仕事帰りには、食事を摂る同僚とテーブルを囲み、解雇になる人は妻と子どもがいるので不安だと言いながらコーヒーだけ注文。

いやいやいや、「ヤラセ」じゃないなら寄り道しないで真っ直ぐ帰宅しろよ!

不安でコーヒーしか注文できない同僚を前にしてパクパク食べる人も凄いし、同僚の食事中にコーヒーしか注文できないと言う人も凄い・・・

どっちも真似できないわ。

で、結局ヤラセに違いないと思ったのでした。


本日は夫が休みで昼食は焼きうどん

夕食はヒレかつ(キャベツ)、なめこおろし、卵豆腐、味噌汁、漬け物、佃煮

春キャベツが1玉198円で、まあまあ安かったかな。

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!