アテが外れる&気持ちは変わる


午前中は晴れていたので眼科へ!

それはそれで紫外線が怖いけど(美容上でなく視神経)仕方がありません。

道々、今日歩けば、あともう1回、3月で徒歩通院は終わり、その次は自転車だと自分を励ましていました。

ところが、自覚症状が無いわけじゃない(むしろ大有り)ので予想通り、角膜に傷が有り、それで視力が落ちているとのこと。

視力検査も視野検査ほどじゃないけどストレスなのに(見えないからね)何度もやり直し(´・ω・`)

結局、ヒアルロン酸が0.1%→0.3%に変わり、アレルギーの薬も変更になりました。

朝晩の緑内障の目薬2種に加えて、1日5回・・・微妙に忙しいです。

目薬に限らず、胃腸薬でも風邪薬でも、辛い時は忘れないけれど、症状が治まってきたら5回はちょっと厳しいなぁ。

しかも、その都度、2種類の目薬を数分あけて点眼です。

傷が大きいので、処方はされましたが、ステロイドの目薬は「よくよくの場合」だけにするようにとのこと。

で、2週間後に再度受診しなければなりません。

ということで、最低でもあと2回は徒歩で通院です。

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

老人ホームから電話があったことはまだ夫に言ってません。

また面倒なことを言い出すかと思うと、とてもとてもハードルが高いです。

ネットには、生き別れになった親が突然現れて困惑している話、悩みがたくさん転がっています。

(全てが真実とは言い切れず、ツリもあるかもしれません)

悩みで多いのは、突然、尾羽打ち枯らして現れて縋られ、面倒を見たくない、見られないというパターンです。

因みに面倒を見る義務はあるけれど、拒否しても罰則は無いそうです。

そういう事例に比べると私の場合は恵まれている方だと思いますが、それでもこうやってドンヨリしています。

小学生のころに父親(誰もが知る大企業勤務)に愛人ができ、家庭を顧みなくなった末に離婚となった友人は、困窮の末に父親の職場に生活費をもらいに行かされるなどとても苦労して育ちました。

その後、正式に離婚してからは、ごくごく少額な養育費はもらっていたそうですが、ともに苦労した母親に対する思いはとても強く、10代のころはその一心同体っぷりが重いというか異様というか・・・

友人にとっては「女神」同様だったのでしょう。

私と知り合ったころは、愛人だった女性とその後結婚した父親とは没交渉でしたが、母親に対する愛情とは対極の激しい憎しみを持っていました。

小学生ともなれば、おおよそのことは理解できますから、生活費を渡さない父親からは捨てられたと感じたでしょうし、いよいよ食べ物が無くなって、職場にお金をもらいに行った時の「鬼の形相」は忘れられなくても当然です。

その父親は60歳になるかならずで亡くなりましたが、もう長くないと宣告された時と葬儀の時、父親の母親(友人にとっての祖母)から来て欲しいと頼まれましたが、キッパリと断ったそうです。

何を今更 です。

でも、同居していた母親を見送り、自分自身が父親が亡くなった年になると、許すことはできないけれど「お別れ」くらいしておけば良かったと後悔し、とても苦しいとボソリと言っていました。

40年以上の付き合いで、友人から父親のことを聞いたのは、「家庭を捨てた」「亡くなった」の2回だけです。

(母親のことは耳タコ)

何だかね~肉親って厄介です。

長いこと、母親の気持ち=自分の気持ちと思ってきても、離婚して他人になる配偶者と子どもでは違った感情があるはず・・・

元々努力家で能力も高かったので、今は精神的にも経済的にもゆとりある暮らしをしていることも、父親に対する気持ちの変化に影響を与えているのかもしれません。

先日のニュースで、結婚したカップルの3割が再婚と報じられました。

そうのうちのどれくらいが親権の有無は別として子どもがいるのかはわかりませんが、後々、面倒なことに巻き込まれる子どももたくさんいるんだろうなぁ・・・とついつい考えてしまいました。

はぁ・・・・


本日の夕食は麻婆豆腐、春雨サラダ、とろろ、味噌汁、漬け物

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

目は心配ですね。
取り返しがつかない器官だから大事にしないといけませんね。

肉親ってなんなんでしょうね。
どこまで縛られてどこまでやればいいのかわかりません。
母にも複雑な感情は消えませんが、老いて病気をして弱ってきた母を見ると無下にはできなくて。

職場でのアドバイス、今度やってみます。
大袈裟に泣いてみるのもいいかもしれませんね。
女優北島マヤになって頑張ってみます。

Re: No title

うーすけ様

どこもかしこもカサカサで保水力が落ち、
まばたきだけで角膜が傷だらけになるので
どうしたら良いものやら・・・

>無下にはできなくて

そうそう優しくはできないかもしれませんが
後々、身悶えするような後悔をしない程度には
手を差し伸べておけば自分が楽・・・かも。

と思うと、実母の見舞いに行くべきですが
面倒臭い夫に話を切り出すのがなぁ・・・

>職場でのアドバイス

本人だけより、周囲の人に目撃させておくと有効らしいです。
中学生のいじめと同じで、
気付かなかったで済ませられないように頑張って!

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!