ようやく明日から日常生活&もしも


夫の8日間の休みがやっと今日で終わります。

長かった


高齢者の定義が65歳から75歳に繰り上げる提言がありました。

現段階では提言であり、年金などの社会福祉には影響しない・・・そうですが、引き上げる気は満々です。

70歳くらいでは優先席に堂々と座れない日も遠くないのかもしれません。

が、60歳を過ぎると「まあまあ元気」でも持病のひとつやふたつある人が増え、癌や脳梗塞の経験者も珍しくありません。

実母が暮らす有料老人ホームには比較的若い方もたくさん入居していて、そこから出勤している方もいます。

サービスを受ける人より、サービスする人の方が年上というケースも出てきそう

-----------------------------------
スポンサードリンク

-----------------------------------

使いにくかった目薬の容器は

megusuri.png

しっかりベッドに横たわり、顔の角度を調整することで失敗が少なくなりました。

同じメーカーの同じ容器でも中の薬剤の粘度によって難易度が違ってきます。

点眼し心地は最悪(しばらく視界が白く霞む)ながら、ドロリとした乳液状のアゾルガが一番失敗がありません。

さて!と逆さにしただけで押してないのにボタボタ落ちてくるステロイド目薬の場合、半分は無駄になっているような・・・


まずは息子もいなくなったことだし、今日は1円も使わずに過ごそうと思っていたのに、朝から夫は耳鼻科に行き、帰宅後に髭剃りの替え刃を買う・・・と。

なかなか思うようにはいきませんね。

近くのスーパーは2日に牛乳を買いに行ったらお正月食材が半額処分になっていました。

(その翌日から売り場は節分仕様)

私ひとりなら・・・2日に伊達巻だけ買って済ませてもOKです(´・ω・`)

もしも宝くじが当たったら~と夢想することを楽しむ人は多いけれど、私の場合は、もしも一人暮らしになったら~と考えることが多く、そしてそれは現在程度に体が動くことが前提なので、宝くじ高額当選同様に多分無いことです。


お節の残りもあとわずかで、多分明日の昼食で食べきります。

重箱も片付けたし、 着々と正月と遠ざかり日常を取り戻し中。


本日の昼食はお節の残り

夕食は煮豚の残りを豪勢(?)にのせたチャーシュー麺

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!