知人の転勤


北海道神宮祭を楽しみにしている人もたくさんいるのにあいにくの雨。

最高気温が17℃じゃ寒くて浴衣なんて着られません

が、1月末の浅草で観光客が浴衣でそぞろ歩いていたことを思えば何とかなるかも・・・

一応、このお祭を境にして暖房不要とするのが目安ですが、今年も数日うしろにずれ込みそうです。

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

知人男性のKさんが職場のゴタゴタに巻き込まれて転勤になるそうです。

転勤とはいえ市内なので引越し不要ですが、「酷い目に遭った」とボヤくこと・・・

発端は社内でも有名な意地悪契約社員のお局様が、新しく雇用された契約社員をイジメ倒したことで、それまでも何人もの人を退職に追い込んでいるそうです。

職場にいる時のネチネチしたイジメはもちろん、遣り残したりミスした仕事を見つけては休みの日に呼び出す

これには本人だけでなく夫も激怒して「辞めてしまえ!」となってしまいました。

そんな愚痴を聞かされたKさんは、「状況を上司に話してみたら?」とアドバイスしましたが、当人はすでに辞める気満々ですから強気になり、お局様に「辞める前にKさんにも言われたので上司に実態を報告する」とタンカをきった。

そして辞めてしまったのですが、収まらないのがお局様で、K さんが会社の資材を横流ししているやら何やらを本社にチクって大騒ぎになったそうです。

そこに書かれていることは根も葉も無いことでしたが、調査も入って大変だったそうです。

ようやく疑いが晴れると、今度はKさんと一緒に働けないと騒ぎ出し、Kさんもうんざりしていたので転勤することになったとか・・・

勤続年数が長いとはいえ、契約社員であるお局様に、休日のタダ働きを命令する権限は無いはず・・・ですが、結局、管理すべき上司はお局様より若いので、見て見ぬふり、臭い物に蓋でやり過ごしているのでしょう。

娘の一番最初の配属先にも、勤続30余年の「主」のようなパートさんがいて、一見大人しそうに見える娘はだいぶネチネチと嫌味を言われたようです。

ただ、このパートさんには目の敵にしている人が数人いて、特に24か5位の男性パートとは犬猿の仲で、ぶち切れた男性が殴りかかるのではないかと思うような展開もしばしばあったそうです。

ところが!こうして自ら禍の種を蒔いているにもかかわらず、自分の不快感は大袈裟に組合に訴えます。

かくしてアンタッチャブルな存在になり、ますます嫌味に磨きがかかる(´・ω・`)

Kさんは愚痴をこぼした契約社員と不倫(双方既婚)しているとまでお局様に報告されたそうです。

愚痴とか悪口とか、うっかりした相槌を打つと、「○○さんが言っていた」と話がすり替わることもよくあります。

用心するなら「ふ~ん」「へぇ~」しか言えませんね。


本日は夫が休みで昼食はチャーハン

夕食はタコとワカメの刺身、揚げ茄子、玉ねぎと竹輪の卵とじ、味噌汁、漬け物

訪問していただきありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告
スポンサーサイト
プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!