形見分けはどうなった?


雨なので昼間というのに暗くて寒いです。

5%オフのスーパーに行きたい(行かなくちゃ)けれど思い切りがつかずグズグズ。

最新の情報(3年毎の調査だそうです)までは調べていませんが、2008年の鬱病が多い都道府県ランキングでは北海道が1位です。

鬱病は、特に軽症であれば受診していない人も多いでしょうし、受診したくても近くに専門医療機関が無い地域もあります。

潜在的な患者数は把握できませんからあくまでも顕在化している患者数です。

長くて厳しい冬が終わり、初夏と言われる季節になってもこんな気候なのが北海道・・・

鬱病発症には色々な要素があるでしょうが、この気候も確実に足を引っ張っていると思います。

昨日のうちから買い物メモを作っていたドケチな私なのに行く気が失せるんだもの(´・ω・`)

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

Aさんが強硬に主張し、Bさんも「そんなこと絶対だめだからAさんに任せなさい。」とすかさず口添えし、実母の遺品整理を業者に任せることはできなくなりました。

2対1では明確に意思表示した書類でも無い限りどうすることもできません。

そして、遺言書披露の日・・・・

Aさんは服飾品や調度品などなどを大量に持ち出し、ご自身が要らない物は友達に配り、実母が高級品好みだったので友達に感謝されたと得意そうに話しました。

で、そのあと、「形見分けする物はひとつも無かった」とニコニコと言い放ちました。

気持ちがあれば、愛用していた鋏だとか財布についていた鈴だとか(そんな物があるかどうか知りませんが)何かしらかさ張らずに故人を偲べ、もしも不要だったら処分も簡単な品のひとつやふたつあるはずだと私は思います。

が、Aさんにとっては自分が欲しい物を抜き取ったあとの品々はゴミなのでしょう。

こういうところが実母の癇に障り、養子縁組後数年で出入り禁止となったのかもしれません(´・ω・`)

私が「そうですか。」「そうですね。」で流していたので、Aさんは「今日着ている○○も××もみんな貰った(持ち出した)物なのよ。」と嬉しそうに言います。

私がAさんなら、形見分けの品くらい残しますし、ひとつも残らないなら持ち出した品についても口をつぐみます。

価値観はそれぞれですし、常識なんて何通りもありますから、それがAさんの流儀なのでしょう。

通常の兄弟姉妹とは違って相続が終われば縁が切れる人なので、Aさんがどんな人でもどうでもいいです。

と思ってやり過ごしていたら、今度はどうでもよくないことを言い出しました


益々雨足が強くなったので買い物は断念しました。

予報では明日も雨ですが、図書館の返却日です。

困ったなぁ・・・昔買った100均の合羽引っ張り出しておこうかな・・・


本日の夕食は豚ロース生姜焼き(ブロッコリー)、ほうれん草としめじのお浸し、蕗のきんびら(残り物)、冷奴、味噌汁、佃煮

訪問していただきありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告
スポンサーサイト
プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!