Mさんの訃報


暦通りに本日は出勤という方も多いのでしょうか?

外で長時間過ごすには寒いけれど五月晴れで、動物園なども賑わいそうです。

観光、レジャー産業にとっては書き入れ時ですから好天だとほっとします。

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

古い知りあいのMさんが亡くなっていたことを知りました。

多分、100歳近く、ひょっとしたら100超えかもしれないので大往生でしょう。


子どもの頃、年に何度かデパートに行くのがとても楽しみで特別なことでした。

親も子もよそゆき(一張羅)を着ていそいそ、わくわくと出かける場所であり、「今週はデパートに行く。」と言われると何日も前からそわそわしたものです。

が!そんな予定がある時に限ってやってくるのがMさんで、そのためにデパート行きがお流れになったのは一度や二度ではありません

来訪を告げる電話があると、母は予定があるので断りますがMさんは「お婆ちゃんがいれば良いので、どうぞおでかけ下さい。」と言います。

あくまでも来訪を告げるのが目的で、都合を尋ねているわけではないのです。

母とすれば留守中にMさんが来ることも嫌、祖母とすれば(普段からふんぞり返って何もしない人だったので)母がいなければ自らお茶などを淹れなければならず、何よりMさんと長時間サシでおしゃべりなどは気が重いので「○○さん(母の名)はでかけずに居てくださいよ。」となります。

Mさんの来訪は午前中で、昼食を挟んで夕方まで・・・なので丸一日潰れます。


Mさんは叔母一家の隣家の主婦で、社交的で親切な人ではあったのでしょう。

生まれも育ちも東京で、初めて北海道に来た叔母一家の面倒を見るうちに親しくなり、親戚同様の付き合いになっていました。

ですから、そこに出入りしていた祖母とも顔見知りではありましたが、祖母は(娘である)叔母ほどは親しみを感じていませんでした。

と言うより親戚でも友だちでもない半世代年下のMさんが苦手だったのでしょう。

母にすれば急遽お茶菓子や昼食の算段をしなければならず、夕方まで居られると後が忙しい(´・ω・`)

何より、用があるからこそのデパート行きなのに用足しができません。

私は、玩具売り場の徘徊、お子様ランチ、屋上の乗り物・・・すべて泡と消えます。

それぞれがそれぞれの思惑で不機嫌になったものです。

その後、叔母一家も我が家も家を建てて引越ししましたが、歩いては行けない距離になっても来訪が途絶えることはありませんでした。

Mさんのご主人が亡くなってしばらくした頃、千葉だったか茨城だったか、独身の息子さんと暮らすために自宅を引き払い、それ以後は年賀状のみの付き合いになっていました。

その年賀状がまた、真っ黒に見えるほど小さな字でびっしりと書かれていて読むのが億劫になるほど・・・で、「相変わらずだから見てよ~」と母に何度か見せられたことがあります。

様々な薀蓄だとか、いかに生きるべきかだとか、正月早々面倒臭いことが延々を書かれ、見る度に子どもの頃の恨みを思い出したものです。

あの過度に社交的な性格ですから、知らぬ土地で息子と二人暮らしになっても楽しめたのか?訪問先が無くなって退屈だったのか?

祖母も叔母夫婦もとっくに鬼籍に入っていますから、どこで暮らしていても、長生きすると訪問先は減ってくるのは仕方ありませんね(´・ω・`)


本日は夫が休みで昼食はとろろ蕎麦

夕食はタコ刺し身(わかめ)、肉豆腐、かぼちゃ煮物、味噌汁、漬け物、佃煮

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト
プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!