膝は弱点だった


3日間続いた雪で自転車はおあずけ


夫が家に居るとたとえ昼寝中でもTVはつけっ放し。

ずっと森友、昭恵夫人、籠池・・・でほとほとうんざりします。

無関心なわけではありませんが、進展具合は1日一度確認すれば充分で、あちこちの局で同じ場面を繰り返し視聴したり、コメンテーターの憶測や感想まで聞きたくはありません。

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

7、8年前の健康診断で心電図がひっかかりました。

それまでもよくひっかかっていましたが「要注意」だったので放置していました。

ところが、この時は「すぐに医療機関を受診」だったので重い腰を上げたのです。

癌に比べると心臓病は一撃・・・なイメージがあり、夫は単身赴任中で娘と二人暮らしだったので、学校から帰って来たら死んでたりしたら可哀想だと思いました。

自宅で亡くなる→幸福、病院で亡くなる→不幸・・・みたいな決め付けもありますが状況によります。

余命宣告でも受けていない限りは変死扱いですから、警察が介入して色々大変だったりするわけです。

で、近所の循環器科でした検査が運動負荷検査です。

あれこれ計測機器を装着した状態で一定の速度になるように自転車をこぎました。

最初は楽勝、むしろスピードが出過ぎないように調整しますが、べダルは段階的に重くなり、息苦しいのではなく膝が痛くなりました。

とうとう曲げることも伸ばすこともできなくなりリタイア(´・ω・`)

心肺機能じゃなくて膝が原因でリタイアじゃ正確な検査ができないのではないかと不安になりましたが、特に気にすることはないと言われました。

その他の筋肉だってダルかったけれど我慢できないほどじゃなかったことを思えば膝は弱点なのかもしれません。

毎日、ベッドの中で足先を反らせたり寝かせたりしながら膝にぐ~っと力を入れて静止する運動(というほどではないけど)をしています。

本当はもっと色々な運動をすべきなのでしょうが、痛みが無くなると面倒なことは継続できません。

最低でも70歳までは杖無しで歩きたいものです・・・


本日の夕食は鶏もものマヨネーズ焼き、蒸しキャベツのじゃこかけ、冷奴、味噌汁、漬け物、佃煮

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト
プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!