2.5%→5%


ユニクロの創業祭にでかけた本日休みな夫の帰りを待って昼食。

帰宅するなり大好きな国会中継(´・ω・`)

アレの嫌なところは、中継されることを意識したパフォーマンスが見え見えな議員が多いところ・・・

ジェンダーフリーの世に何を言うか!と怒られそうですが、女性議員に見苦しいパフォーマンスが多い印象があります。

特にこんな時代ですから、質問した議員さんはすぐさまHPやツイッターなどで喧伝する~そのためには口角泡飛ばし必須と思っているような・・・


眼科で会計を待つ間、大画面のテレビでその日の朝の津波について報道していました。

避難しましょうと呼びかけても、(証言者の目には)暢気に河畔を犬と散歩している人など、あの震災の教訓が生かされていないことを危惧する内容でした。

結果的には逆流する河川は不気味でしたが、着の身着のまま・・・で避難する必要はありませんでした。

大川小学校の教職員も気持ちの大部分は、今回と同じ結末になるだろうと思っていたのでしょう。

たった5年ばかりで「教訓」を忘れること・・・を取り上げていましたが、そういう懲りないふてぶてしさも生きていくには必要ってこともあるのではないか・・・と思いました。

ちなみに、診察前はテレビも雑誌も見ずに目をつぶり、少しでも目を休めるという無駄な努力をしています ^^;)

-----------------------------------
スポンサードリンク

-----------------------------------

処方される目薬が変わると一応、(ミーハーレベルで)調べます。

昔のように、分厚い「病院でもらう薬がわかる本」なんか立ち読みしなくても済むので便利になりました。

たまたま目にした眼科医のHPには、40歳以上の緑内障罹患率は5%、そのうち治療を受けているのは1割程度と言われていると書いてありました。

以前見たパンフレットには40人に1人(2.5%)となっていましたから倍です。

年齢が上がるほど罹患率は上がり、日本人の失明原因1位です

(確か)昨年、高校同期7~8人でランチを食べた時、私を含めて緑内障が3人いました。

1人はごく初期で経過観察(それより白内障手術をという状態)、もう1人は1日1回夜のみ点眼、私は・・・朝1種、夜2種点眼(´・ω・`)

辛うじて50代でしたが、たったあれだけの人数なのに3人ですから、巷間で言われているより潜在的な患者数は多い気がします。

私だって診断されたのは50代半ばですが、多分発症は40代だったのではないかな・・・

たまたまドライアイで角膜傷だらけ激痛、眼鏡を踏んで壊した・・・ので受診しましたが、眼鏡だけだったらお店で検眼だけしていたはずです。

認知症同様に完治は無く、薬剤で進行を遅らせるだけの治療です。

正常内眼圧緑内障(日本人に多い)で自覚症状が出るのは末期なので、通院は物心ともに負担ですが見つかったのはラッキーだったと思うしかありません。

今だって、検査をすると結構視界は欠けていますが自覚症状はありません。

片目を塞いで何かを見ても視界の欠けは意識できないのです。

何とか死ぬまで、ぼんやりでもいいから見える人でいたいというのが望みです。

私にとって最も縁が無いのは遠視で、何となく近くはダメでも遠くはくっきり見えると思い込んでいました。

この年になって、調剤薬局に貼ってあったポスターで「実は遠くもはっきり見えない」ことを知ってびっくり

遠視用眼鏡をかけている友人に「遠くはよく見えていいわね~」などとお気楽なことを言った覚えが・・・

命長ければ恥多し


本日の昼食は夫が休みで塩ラーメン

夕食はパンシチュー、鱈子パスタ、サラダ、コーヒー

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
スポンサーサイト

私だけじゃない


観測史上11月としては最強寒波・・・と昨日のニュースで知っていたのに、コートを羽織っただけでごみを出しに行き、敷地内のごみ置き場往復だけで耳が千切れそうになりました

面倒がらずに帽子や手袋もしなければだめです。

今年は本当に寒さが厳しく、灯油の消費量がとても多い(´・ω・`)

-----------------------------------
スポンサードリンク

-----------------------------------

先月の検査の結果が思わしくなかったことから目薬は1本ずつしか処方されず、そのうちのどれかが無くなったら受診するように言われました。

普段から最後の1本を開封して在庫が無くなると不安なのに、スタートからラスト1本(´・ω・`)

特に2.5ミリリットルしか入っていない目薬は、最初から無くなりかけみたいです。

眼科は曜日によっては別の医師が来たり、手術日などもあるため、いつでもOKとはいきません。

夫が休みの日は避け、お天気とも相談となると、案外通院できる日は多くないのです。

今回はタプロスを休止して、ジェネリックの目薬を試すことになりました。

006_201611231100412f5.jpg

↑ これです。

こうして、眼科通いが始まるまで、わかもと製薬は「強力わかもと」だけの会社だと思っていましたが、ジェネリックの目薬も多数つくっています。

007_20161123110043612.jpg

2.5ミリリットルしか入っていないのに、5ミリリットルの容器に比べて大きいのは、フィルターがついた容器だからです。

megusuri.png

まだ、未開封なのでわかもと製薬とニプロから借りた画像です。

この容器のお陰で目薬につきものの防腐剤が無添加になった反面、点眼はしづらいらしい・・・

毎日必ず点眼するので防腐剤無添加は良いけれど、私の場合は他にも数種類点眼しているので意味があるのか無いのかわかりません。

何によらずジェネリックは洗発品と「全く同等」ではないけれど、容器で差別化を図り先発品に含まれる防腐剤をカットしていたりすることもあります。

あとは・・・ちゃんと効いてくれるか(私に合うかどうか)です。

1ミリリットル当たり、タプロス985.20円、ラタノプロスト482.90円でほぼ半分です。

2.5ミリリットル入りを2本処方してもらうと、3割負担でも結構大きな差なので、合いますように(。-人-。)


ジェネリックになったことで、診察代との合計は3800円ほどでいつもより少ないけれど大きな出費です。

クレカだけでなく電子マネーを利用するようになると財布の中の現金はあまり減りません。

(その分、口座から溶け出しているだけですが)

だから、通院するとガサリと音を立てて財布からお金が減りがっかりします。

他人の病気を喜ぶ・・・わけじゃないけど、50代、60代で病院通いを余儀無くされている人の話を聞くと、「私だけじゃない」という変な心強さもあります。


本日の夕食は豚ロースのネギ味噌生姜焼き、湯豆腐カボチャ煮物、とろろ、味噌汁、漬け物

少しだけ気が変わりましたので訂正^^;)

まな板やポットや洗いカゴなどなどを漂白したらスッキリきれいになったので・・・

もう使いたくない

訪問していただきありがとうございます。
にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村

貧乏日記 ブログランキングへ

広告
プロフィール

よつば

Author:よつば
二人の子どもがようやく独立し、学費の支払いから解放されて、ほっと一息。ふと気付いたら老後はすぐそこ。どうしましょうと焦る日々です。

楽天
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
広告
フリーエリア
50代にお勧め商品 買って良かった!
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ようこそ!