fc2ブログ

久々の手作り(?)カレー



広末涼子さんのダブル不倫が発覚した時、案外、長く結婚生活が続いてたことに驚きました。

キャンドル氏も鳥羽氏も、広末さんがいなければ、ずっと知らぬままの人だったかもしれません。

キャンドル氏の最初(?)の会見では、広末さんの連れ子を含む子どもたちを思いやる子煩悩さをアピールしてみたり、妻の男癖の悪さを、ニンフォマニアを連想させる言葉で表現してみたり、結局、子どもより自分が大事なのだろうとゲッソリしました。

いずれにせよ、私は考えが古いので、刺青だらけの人に良い印象は持てません。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

6月30日、実家の母が入院していた病院に、入院費を支払いに行きました。

何度も行った病院のロビーはいつもと同じなのに、2階の病室にもう母はいないのが不思議な感覚で、支払いのみ、面会無しで立ち去りました。

そのままバスで街に出て、ジム帰りの夫と待ち合わせし、デパ地下をうろつき見切り品を購入。

DSCF9306 - コピー

お刺身の見切り品は消費期限が当日ってことが多いけど、サクのままだったせいか翌々日までOKだったので即買い。

192gもあり、美味しい鮪でした\(^o^)/


昼食は鰆みそ焼き、切り干し大根の煮物、ブロッコリーと茹で卵サラダ、ごぼうたまり漬け

鰆はお中元

夕食はポークカレー、サラダ(とうもろこし、トマト、ブロッコリー)、メロン

カレーを作る(と言ってもバーモントカレーとゴールデンカレーのルー)のは3年ぶりくらい。

飲食店、レトルト、夫が作る~のどれかのパターンばかりでしたが、自作が一番美味しいような気がします(料理嫌いの自画自賛)。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告


スポンサーサイト



二人に一人ががん?



DSCF9268 - コピー

小さなスーパーで、時々、とても安く売られます。

見つけると3~4箱買って、自宅で飲んだり、息子や娘に荷物を送る時の隙間埋めに活用。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 実家の母は70代後半から心臓弁膜症で通院、服薬していました。

元々が頑健な性質なこともあり、深刻さは無く、進行もゆっくりで優秀な患者だったようです。

人間ドックやがん検診は受けていなかったけれど、簡単な健康診断と循環器科での定期検査(多分エコー)は受けていたので、一病息災型と思っていました。

が、昨年11月の骨折、手術後に心臓病が悪化し、4月にCT検査をしたところ膵臓、大腸、肺に腫瘍らしき影が見つかりました。

このうち、肺に5、6個ある影は、1月のレントゲン写真には写ってなかったそうですが、膵臓と大腸の影は、それ以前のデータが無いのでいつからあるのか不明((´・ω・`;))

さらに6月、頭の中、小脳にも影があり、これもまたいつからあるのか不明((´・ω・`;))

小脳の腫瘍の影響で歩行が覚束なくなり転倒、骨折した可能性だってあります。

逆に、何とか転ばずに過ごしていれば、被ばく量が大きいCT検査などもせず、腫瘍に気付かず生きていたかもしれません。

100歳過ぎてもどっこも悪くない~って方もいるでしょうが、80、90を過ぎてあちこちほじくり返せば病気が見つかることも多そうで、どうせ治療ができぬなら知らぬが仏だろうと思います。

私の父方祖母、夫の父方祖母、舅は、自宅で気付いたら亡くなってたパターンなので、正確な死因は不明ですが解剖もしていません。

死因が老衰だったとしても、具に検査をすればがんが見つかりそうで、がんの罹患率がアップするかもしれません(´-ω-`)

で、たくさんあった影が医師の見立て通りがんだったとしたら、近藤誠医師が言うところの放置すべきがんだったことになります。

明日は入院費の支払いに行き、それで病院との縁は終わります。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告


実家の母の葬儀が終わる



木曜の夜、ウォーキングがてらじゅんかんコンビニに資源物を持ち込み、クーポンでお得に外食する気で歩いていたら、実家の母の入院先から電話。

血圧が下がり、夜間の急変の可能性もあるので、これから面会に来られませんか?

ちょっと不便な場所を歩いてたので、急いで一旦帰宅、20時過ぎに病院に到着。

その間、従姉や弟にも連絡し、従姉はさらに母の弟などに連絡。

夜中の急変に備え、誰かが泊まり込むよう看護師さんに勧められ、そうなれば泊まるのは私しかいません。

親戚が詰めている間に、私は夕食を摂ったり、持病の薬を自宅に取りに行ったりドタバタ。

みんなが帰って30分ほど経ち、そろそろ木曜日から金曜日になるころ、酸素濃度も血圧も測定できなくなり、93歳で逝きました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

相続の件を水に流すことはできないけれど、継母には世話になったことは確かで、楽しいこともいっぱいあったので、亡くなってしまえばやはり寂しいです。

が、どこが原発でどこが転移なのか、全部が原発なのか、精密な検査をしていないので不明だけれど、進行がん、末期がん特有の症状が出ることが無かったのは幸いでした。

弟が決めた葬儀は、近い親戚と家族のみの一日葬。

父の葬儀の時のように、通夜ギリギリ、お客さん気分で帰省~では困るので、妻子と一緒だと遅くなるなら、喪主の弟だけ一人で先に来るようにキツく言っておいたので、今回は金曜の朝の飛行機でやって来ました。

案の定、妻子は土曜の夕方、湯灌の直前に身内の誰よりも遅く、のんびりやって来たので、早く来るように弟にガミガミ言ったのは正解でした。

一日葬は通夜が無く、告別式前日は湯灌・納棺するのみでした。

木曜の夜に病院に行き、金曜の明け方帰宅し、昼前に斎場に着き、弟、夫と3人で宿泊・・・とはいえ男二人のいびきで眠れません(ノ_<)

息子や娘たちはホテルを取ってるし、控室は狭いし、疲れたし、土曜の夕方には弟の妻子が来たので、その日は自宅に帰り、眠剤飲んで寝ました。

通夜だったら、従姉も泊まったかもしれず、そうなれば私も泊まるしか無かったので、一日葬で良かったような気もします。

故人が高齢だと遺族も高齢になり、亡くなって駆け付け、翌日の通夜に参列し、夜中まで飲食して泊まり込み、翌朝、告別式に参列するのは強行軍です。

近しい親戚も含めた少人数の家族葬なので、火葬場での仕出し弁当や会葬お礼の数は読み易いのですが、高齢者が多いと体調不良でドタキャン(しかもそのうち2名は連絡無し)があり、わずか十数名の参列予定でも無駄が出ました。

斎場は地下鉄駅に近く、繁華な立地だったので、金曜、土曜は、コンビニやファミレス、牛丼チェーン、カフェなどに交代で出かけ、イートインしたりテイクアウトしたり、スーパーで好きなおやつを買ったりして過ごし、オードブルや仕出し弁当は注文しませんでした。

何でもパクパク食べられるわけじゃない私には好都合だったし、弟も出費が少なくて助かったことでしょう。

今どき、93歳は驚くほどの長寿ではないけれど、親族、姻族のなかでは最長老です。

絶望的な話ばかりだった病院からの電話や医師との面談もおしまいになり、寂しい反面、ほっとしてどっと疲れています。


昼食は納豆(卵黄入り)、きゅうり浅漬け、板わさ、モロッコいんげん炒め煮

夕食は夫作パスタ、サラダ(ゆで卵、ブロッコリー)、パイナップル(葬式のお供え物)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告


会話も難しい



DSCF9263 - コピー

半額シールが貼られていると、特に食べたいわけじゃない物でも買っちゃったりしてね、後で困ります。

からし菜は塩漬けにしました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

先週の水曜日、実家の母の主治医との面談があり、従姉と話を聞いた後、面会もしました。

面会に行く度に弱り、認知機能の衰えも加速しているのをひしひしと感じますが、日曜日には発熱で点滴していた影響もあるのか、ほぼほぼまどろんでいた会話も成り立ちませんでした。

翌月曜日、お茶の飲み込みも悪くなり、とろみを付けること、血圧が下がっていることについての連絡があり、弟と従姉にも伝えました。

心臓の検査でたまたま見つかった膵臓付近、大腸、肺、小脳の腫瘍は、治療はできないので、負担になる検査はしていません。

できるだけ本人が苦しくないよう、麻薬系の痛み止めなども使っていただくことになっていますが、主な自覚症状は息苦しさや食欲不振なので、積極的な緩和ケアも受けていません。

肺に水が溜まるのは、慢性心不全と腫瘍のどちらの影響が強いのか・・・


そんななか、6月8日に受けた子宮体がんの術後検診の血液検査の結果が届きました。

毎度のことながら心臓バクバク、寿命が縮む思いでしたがクリアでき、予定通り、次回は8月です。


昼食はおでん、小松菜胡麻和え、からし菜漬け、蓮根と牛肉佃煮、キウイとヨーグルト

夕食は夫作パスタ、サラダ(トマト、ブロッコリー、茹で卵)

さつま揚げをたくさんいただいたので、手近な材料でおでん!

昨日から肌寒いので、暑苦しくなく食べられます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告


実家の母(継母)の食欲がさらに落ちる



DSCF9262 - コピー

スーパーセールを待って買ったロータスビスコフがドカンと箱で届きました。

300枚入りなので当分もちそうです。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

昨日は、実家の母の入院先からの呼び出しで病院へ行き、従姉とともに主治医と面談後、母と面会。

食欲が落ちている現状についての話がありましたが想定内でした。

全く連絡を寄越さない、母にとって唯一の子である弟に、病院からの呼び出しの件をメールで伝えたけれど、「了解しました。」の返事が来ただけです。

昨日は、あえてこちらから連絡せずにいたけれど、今日になっても医師からの話の内容がどうだったか?とも聞いてきません。

弟の図々しさには太刀打ちできませんヽ( ̄д ̄;)ノ


昼食はピーマン肉詰め、ブロッコリー、もやしナムル、鱈ちり残り、奈良漬け

夕食はお蕎麦屋さん

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告


プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム