FC2ブログ

収入のピークと生涯現役



昨日は3899歩でしたが、暑くって最後はちょっとダラ歩き。

この際、夜歩こうかとも思ったけれど、昨夜歩きにでかけた夫は往来でのケンカに遭遇。

ほどなくパトカーが来たそうですが、ちょっと萎えました。

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

亡父の景気が一番良かったのは、私が中学1年か2年ころで、初めてボーナスが100万を超えたとお祭気分\(^o^)/

ここで気を緩めずに貯蓄に励めばその後も違った(利率高い、マル優アリ)でしょうが、凡夫の悲しさで財布の紐が緩みます。

両親、義両親、おじおば、だいたい似たような年代で、職種は違えど、戦後の苦しい時代に社会人になり頑張った成果が上がる時代でした。

来年は今年よりも良くなるはず!と楽観するのも無理はありません。

結局、この時代に、親戚から若干の顰蹙を買いつつのドケチ暮らしで、只管蓄財に励んでいたサラリーマンの叔父①夫婦の老後が一番リッチでした^^;)

分野は違えど建設関係の伯父、叔父②、亡父はだいたいこの頃がピークで、その後は下降線を辿ります。

自営業だった伯父と叔父②はバブル前後に相次いで廃業を決めました。

廃業を決めた理由は、思うように利益が上がらないことの他、年金受給年齢になった、後継者がいない、健康に自信が無く従業員の生活まで責任を負えない、気力、体力、資金があるうちに会社整理したいなどなど、ほぼ同じでした。

亡くなった実母の場合は、金遣いも荒かったようですが、扶養家族がいませんし、時代にも恵まれ、それなりに商才もあったのでしょう。

早くから65歳で引退し、左団扇暮らしをすると決めていたそうです。

結果的には、ちょうどバブル崩壊後、東証1部に2桁株価がゴロゴロしている時代でしたから、不動産を扱っていた実母は勝ち逃げしたとも言えます。

実母とは、物心ついてから2回しか会っていないのでいつがピークだったかまでは知りません。

義父の場合は親から受け継いだ職種が職種だったこともあり、収入が上向き始めたのは他業種に盛んに手を出したあたり、夫が中学生頃で、ピークはバブル期。

零細企業とはいえいくつもの会社を経営し、盛んに政治献金にも励んでいました^^;)

が、ピークは長く続かないからピークなわけで、晩年は親から受け継いだ店のみ残りました。

社長、社長と呼ばれ、確かに社長には違いありませんが、長いこと従業員はゼロです。

逆に言えば、従業員がいないから続けられたのあって、それなりの給与を払っていたら無理だったでしょう。

最近は、70歳まで~死ぬまでも、生涯現役で働くことが推奨され(?)、確かにそれは立派ですが、よほどきちんと管理できていないと遺族が大変です。

義父にとっては最後に残った店を開けることが生きがいでもあったのでしょうが、店を開ければ光熱費もかかり、商品を仕入れる資金も必要です。

商売を続けているお陰で、毎月2~3万の収入があると最晩年に言ってたそうですが、配達するための車の維持費などを差し引くと赤字だったかもしれません。

加えて、法律的に不備が無い書類が見当たらぬ借金のメモなども見付かり、それらを確認するだけ一仕事です。

こうなると生涯現役で仕事されるのは大迷惑。

プロスポーツ選手などを除くと、いつがピークかは自分で判断するのは難しく、ピークを過ぎると頑張りが成果に結びつかずに深みに落ちる原因にもなることもあります。

もらう物は全部もらうが、借金は払わぬと開き直る義母と義弟では話が進まず、その間にも利息に利息がつきます(´・ω・`)

明日の夜から、また夫は田舎に出向いて残務整理。

こう度重なると、遠いので交通費だって馬鹿にならず、帰宅後は超機嫌が悪くて大迷惑。

義父のようなケースで生涯現役なんて自己だけ満足

本日は夫が休みで昼食は冷やし中華(私は綿半分)

夕食はタコ刺身(わかめ)、牛肉とごぼうの時雨煮、揚げ茄子、味噌汁、漬け物

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告
スポンサーサイト



話題が無い&ひゃひゃ百万円!に驚く



昨日はどこにも出かけず715歩。


娘婿君のご実家からのお中元は7月初旬、お歳暮は12月初旬に届きます。

以前大丸で聞いたら、一番希望が多い時期だそうです。

で、我が家も同じ時期を指定して手配しているので、2~3日の間にお礼の電話をかけたり受けたり(同日も一度アリ)します。

あちらはどう思っているか知りませんが、とても感じが良い方たちで不快感を持ったことがありません。

そこはとてもラッキーですが、「ありがとうございます。」~ガチャ切りというわけにはいかず、話題が無くて苦労します。

大人・・・どころかバアさんなのですから、もう少し上手くやりたりところですが、先方も似たようなもので変な間があきます

私にとっては、電話をするよりハガキで礼状を書く方がハードルが低いです。

孫でもいれば少しは話のたねもできるでしょうか?

-------------------------------------------
スポンサードリンク

-------------------------------------------

↑のような電話が得意(?)なのは義母で、語っても尽きぬ自慢話を延々と続けるので、実家の母は相槌を打つだけで済みます^^;)

電話を切った後は不快感が残りますが、それも15年以上前までのことで、私たちが義実家とほとんど付き合わなくなってからは自然消滅しました。

最近のことは知りませんが、田舎で自営業を営み、そこそこ派手に暮らして景気の良い話ばかり吹聴。

私たちがマンションを買う時、確かに10万円の祝い金はいただきましたが、いつの間にか買ってやったことになってたりしました

ちなみに既に年金生活だった私の実家の祝い金は5万円でした。

体面を保つためには実際以上に吹聴せねばならず、する気も無かったでしょうが節約生活などできません。

パラサイト義弟が遊び歩くための車だって常に新車だし、外車だったこともあります。

良く言えば親分肌でもあったのでしょうが、お金目当てに寄ってくる人もたくさんいて、胡散臭い輩も混じります。

良い人だ、たいした人物だと褒めちぎっていた人の話をパタリと聞かなくなったと思ったら、裏切られて損失を蒙っていたことも知っているだけでも数回あります。

せっかくノリノリで仕事のパートナーを褒めちぎり、事業展望を語っていても、聞いている夫は「その人ちょっとオカシイんじゃないの?」などと水を差すので気持ち良く自慢話ができません^^;)

増してその後の失敗談などは一番言いたくない話題。

あえて突っ込むと、全てパートナーが悪かったことになっていますが、本当のところはわかりません。

寄付金や営業のターゲットにもなりやすく、保険だってそりゃ~たくさん加入していました。

田舎のことで、孫(うちの子ども)が生まれれば近所中に知れ渡り、すぐさま学資保険のセールス。

抜け目が無いです。

祖父が契約者だと制約があるので、形の上だけ夫が契約者になったのかどうか記憶にありません。

いずれにせよ満期金は1円もいただいていないので、贈与税なども関係無いです。

今回義父が亡くなり、義母、義弟名義の数百万の借金が発覚。

が、資産>>>>借金なので、トータルで考えると全く問題は無いはず・・・

葬式だって黒字だし、保険金はすぐ下りるので、さっさと借金を返済できると思っていました。

夫の相続に口を出す気は無いし、遺産は相続人固有の資産ですから、いくら受け取り、どう使おうと知ったことじゃないし、生活費に流用する気もありません。

義実家がらみの話は相続人3人で済ませて欲しいのに夫の愚痴が止まらない

借金が返せないと騒ぐので、不思議に思って義父の生命保険金額を聞いたらまさかの100万円。

100万円を貯める大変さは身に染みてわかっていますが、こういう場合の100万円は「無いよりマシ」程度の金額です。

生命保険に関しては色々な考え方があり、必要額も人それぞれ。

我が家の場合、夫の定期保険は60歳で期限が切れたので、残るは払い込み済みの終身1000万のみ。

その他、掛け金が安い損保などにも入っていますが、死亡時の保障はごくわずかです。

死ぬことも、大病も無かった結果論で言えば、あの高金利時に毎月安からぬ保険料を何十年も払って1000万円の保障は大損です。

が、子どもたちがまだ小さかった頃、定期保険と合わせて2000万、事故死倍額は心強かったので仕方ありません。

死んだら5000万だ、1億だと大風呂敷を広げても、途中で止めてしまえば絵に描いた餅。

500万か1000万はあるだろうと思っていたので、100万には驚き、まだまだゴタゴタは続きます。

本日の夕食は銀だら煮つけ(ごぼう)、冷奴、小松菜とソーセージ炒め、味噌汁、漬け物

訪問していただきありがとうございます。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

広告
プロフィール

よつば

Author:よつば
あとどのくらい元気でいられるか?動けるうちに夫に邪魔されずにもう少し楽しみたい!

最新記事
楽天
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
広告
最新コメント
リンク
ようこそ!
RSSリンクの表示
最新トラックバック